日本ルーマニア音楽協会からの情報やメッセージ、音楽やルーマニアに関する楽しい知識などをお届けします。

フランスからの絵葉書 

現在フランスに留学中の川口晃祐さん、智輝さん御兄弟より
凱旋門のステキな絵葉書が届きました。

DSC_0118.jpg

パリの音楽院には異国籍の学生が多く、日々多くの刺激を受け、
様々なことを吸収している等々、充実した頼もしい内容でした。


IMG_9031.jpg
2013青島広志でクラシックより

IMG_9038.jpg
2013青島広志でクラシックより


一年後、彼らは一回り大きなアーティストに成長し、帰国することでしょう。
来年の夏が楽しみです。


スポンサーサイト
( 2013/10/09 15:21 ) Category 留学生だより | TB(0) | CM(0)

『留学生だより』CHAPTER1,2 ~工藤聖彦さん~ 

おおきな木通信4月号から始まった「留学生だより」より抜粋して、
皆様に海外で研鑽を積んでいる、コンクール入賞者の近況をお知らせします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年8月に開催された「第8回ルーマニア国際音楽コンクール」において打楽器部門第1位を受賞させて頂きました、工藤聖彦(くどう きよひこ)と申します。

kudo.jpg

現在はデトモルト音楽大学のMaster課程3セメスター目に在籍していて、ちょうど留学生活が始まってから1年半程が経った所です。ここデトモルトはドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州に位置する人口7万5千人程の小さな街です。列車も鈍行しか停まらず、大都市へ行くのには乗り換えに苦労することもあります。しかし、小さな街だからこそ感じる温かな雰囲気があり、古い街並みや豊かな自然に心が落ち着きます。この音楽大学も周りは緑に囲まれていて、ウサギやリスに遭遇することがしばしばあります。(中略)

デトモルト音大
デトモルト音大

僕はPeter Prommel教授の打楽器クラスに在籍しています。大学には打楽器専用棟があり、そこでは教授のレッスン、他にもマリンバ、ラテンパーカッション、ジャズヴァイブラフォン、ドラムセット等、様々な専門分野の先生によるレッスンが、毎日のように展開されています。(中略)

デトモルト音大(庭園から)
デトモルト音大(庭園から)

Master修了後は、その上のKonzertexamen(国家演奏家資格)という課程に挑戦を考えていて、これは修了試験の2週間前に入試があります。みなさんがこの記事をお読みになっている時は、その只中、もしくは一段落着いている頃かもしれません。(無事に国家演奏家資格も大学院の卒業試験も合格しました!)
ここドイツの地で音楽に浸っていられる事への感謝を忘れず、これからも自分の音楽を追求していきます。そして、また日本で演奏出来る事を心待ちにしつつ、僕からの近況報告とさせて頂きます。

学内風景(夏)
学内風景(夏)


( 2013/07/13 14:21 ) Category 留学生だより | TB(0) | CM(0)