FC2ブログ

日本ルーマニア音楽協会からの情報やメッセージ、音楽やルーマニアに関する楽しい知識などをお届けします。

石井琢磨さんピアノリサイタルのお知らせ 

ルーマニアで隔年開催されている「ジョルジェ・エネスク国際コンクール(George Enescu International Competition)」にて、日本人として初めて入賞の快挙を遂げた石井琢磨さんのリサイタルが、いよいよ1週間後に迫ってまいりました。

2019063033.jpg

現在ウィーン留学中の石井さんは、"エネスクはもちろん、今後はルーマニアの作曲家の曲を演奏してルーマニアの音楽の素晴らしさを紹介したい!" とおっしゃっています。

2019063024.jpg

2019063020.jpg

2019063023.jpg
駐ルーマニア石井喜三郎日本大使夫妻と

2019063029.jpg
ジョルジェ・エネスク国際コンクールにて

2019063028.jpg

2019063030.jpg

2019063031.jpg

今年1月には、タティアナ・ヨシペル特命全権大使に表敬訪問し、協会が寄贈したグランドピアノを演奏していただきました。

2019063032.jpg

“今後日本でジョルジェ・エネスクを紹介するピアニストとして活動していくことがコンクールに入賞した使命に感ずる” と、力強く語る彼の言葉にタティアナ大使も大変お喜びになっていらっしゃいました。

2019063035.jpg
石井さんとタティアナ大使

素晴らしい演奏技術はもちろんですが、彼の人懐っこい笑顔はコンサートにお越しくださった皆様を魅了することでしょう。

ルーマニア大使館でお待ちしております!

2019063026.jpg

TAKUMA ISHII PIANO RECITAL

2019.7.5(金)19:00開演 18:30会場

ルーマニア大使館
入場料 4,000円(会員3,000円)
ウェルカムワイン付

2019063034.jpg


スポンサーサイト



( 2019/06/29 19:38 ) Category コンサート | TB(0) | CM(0)

Shigeru Kawai 誕生20周年記念 ミハイル・プレトニョフ ピアノリサイタル 

先日、『Shigeru Kawai 誕生20周年記念 ミハイル・プレトニョフ ピアノリサイタル』が渋谷区文化総合センター大和田さくらホールにて開催されました。

2019061607.jpg
Shigeru Kawai SK-7

2019061606.jpg

2019061608.jpg

“Shigeru Kawai” は河合楽器製作所2代目社長 河合滋氏の名前が付けられたピアノです。

2019061604.jpg

2019061603.jpg
代表取締役会長兼社長 河合弘隆氏と嶋田
“Shigeru Kawai” 誕生15周年記念レセプションにて
 

このコンサートには、河合楽器製作所株式会社様が日頃お付き合いのある企業、評論家、音楽ジャーナリスト、ピアノ講師など多くの関係者が招待されました。

2019061601.jpg

世界で脚光を浴びたプレトニョフが突然の引退後ピアニストとして再度活躍するきっかけとなったのが、この “Shigeru Kawai” との出会い!という*素晴らしい物語があります。

*旧ソビエト時代、ピアニストとして完全無欠の超絶テクニックと精緻な音楽性でトップクラスに在ったプレトニョフ。突然のピアニスト引退後、表現の場を鍵盤から指揮棒(=オーケストラ)に変えて久しい。それが2013年にピアノと“復縁”し、そのきっかけとなったのが日本のピアノ「Shigeru Kawai」だというから、日本人としては嬉しい限り。以来、同ピアノを愛奏し、「良質の背もたれ付きピアノ椅子は海外には少ない」とのことでカワイの椅子も複数購入。1980年の初来日から光陰矢の如しだが、「前世は日本人だったのかもしれない」と言うほど日本を好み、来日時には寛ぐ表情も見せる。(引用:ぶらあぼ)

20190605.jpg

その演奏は “Shigeru Kawai” の持つ魅力を最大限に引き出していました。

2019061605.jpg
PHOTO : (C)Wolfgang Voglhuber - VOGUS

もちろん世界中どの会場でもプレトニョフが弾くピアノは “Shigeru Kawai” です。
彼は「これほどまでに美しい音色を奏でるピアノは “Shigeru Kawai” だけ」とも語っています。(引用:shigerukawai.jp)

みなさまも是非一度、 “Shigeru Kawai”  の美しい音色に耳を傾けてみてください。


Shigeru Kawai グランドピアノ
誕生20周年記念『カワイコンサート2019』
5月19日の広島を皮切りに全国12か所で開催中です。演奏家の皆様により “Shigeru Kawai” 特有の音色を楽しんでいただけるようなプログラムとなっているそうです。

2019061610.png
コンサート詳細はこちら


ミハイル・プレトニョフ ピアノリサイタル

2019年6月17日(月) 19:00 
東京オペラシティ コンサートホール  
inf_det_image_732.jpg
詳細はこちら




( 2019/06/16 17:58 ) Category コンサート | TB(0) | CM(0)

第14回ルーマニア国際音楽コンクール入賞者披露演奏会 

5月16日(木)19時より東京文化会館小ホールにて「第14回ルーマニア国際音楽コンクール入賞者披露演奏会」が開催されました。

2019021701_201905201950185d0.png

2019052013.jpg

2019052014.jpg

今回も多くの温かなお客様の拍手で、アーティストとして新たな第一歩を踏み出すことでしょう。

2019052011.jpg

ルーマニア大使館タティアナ・ヨシペル特命全権大使をお迎えし開催された「第14回ルーマニア国際音楽コンクール入賞者披露演奏会」はタティアナ大使のご挨拶で始まりました。大使はご挨拶で、ルーマニアが音楽大国であること、そしてルーマニア国際音楽コンクールに対して愛情と力強いサポートをしていることをお話頂けました。

2019052012.jpg
ルーマニア大使館タティアナ・ヨシペル特命全権大使


今回の演奏会は、ルーマニアの民族楽器パンフルートの演奏から始まりました。初めてパンフルートの音を聴かれた方も多かったと思いますが、東京文化会館の小ホールは素晴らしい響きを会場の皆様にお届けしていました。

201905201.jpg
パンフルート 櫻岡史子さん
<オーディエンス賞>


2番目に登場したのはソプラノの金丸梢さん!多くのコンサートをこなしている彼女の歌声に聴き惚れた方も多いことでしょう。

201905202.jpg
ソプラノ 金丸梢さん
<声楽部門 第2位>


次は今井梨緒さんのラヴェルでした。初々しい中でも磨かれたテクニックの上に、ラヴェルの音色を聴かせてくれました。

201905203.jpg
ピアノ 今井梨緒さん
<ピアノ部門 第1位>
<日本ルーマニア音楽協会理事会賞>


休憩を挟んでスイス留学から一時帰国をして出演してくれた、クラリネットの兒嶋賀奈子さん。あんなに素晴らしいクラリネットの演奏を聴いたことがない!とお客様から感動の声も頂きました。

201905204.jpg
クラリネット 兒嶋 賀奈子さん
<管楽器部門 第1位>
<ICon Arts Transilvania賞>


最後はアメリカから来日してくれたシルバナ・チュさんのメゾ・ソプラノの歌声でした。素晴らしい歌声や演技はもちろんですが、最後の曲に「見上げてごらん夜空の星を」をプログラミングした彼女の日本に対する愛情、畏敬の念を感じとても嬉しく思いました。

201905205.jpg
メゾ・ソプラノ シルバナ・チュさん
<声楽部門 第1位>
<日本橋真宗会堂維持財団賞>

201905206.jpg

皆さまからは、「こんなに感動したコンサートは久しぶりです!」「このコンクールのレベルの高さを改めて感じました!」と嬉しいお言葉を頂いております。今後は更にこの入賞者披露演奏会に多くの方々に聴きに来て頂けるように広めて行きたいと切に願っております。

201905208.jpg

2019052010.jpg

201905207.jpg

今年の「第15回ルーマニア国際音楽コンクール」はルーマニアの新進気鋭の作曲家による曲(ピアノ、声楽、ヴァイオリン、チェロ、フルート、マリンバ)が課題曲となりました。ルーマニアをより深く知って頂けるコンクールとなることでしょう!

2019052015.jpg

「第15回ルーマニア国際音楽コンクール」にも是非足を運んで、次なるスターをみなさまと一緒に見つけて行きたいと思います!


Photographer 宮高 奈美


( 2019/05/20 19:38 ) Category コンサート | TB(0) | CM(0)

大塚茜さんのコンサートへ 

第4回ルーマニア国際音楽コンクールグランプリの大塚茜さんのコンチェルトを聴きにオペラシティコンサートホールへ出掛けてまいりました。

origin.jpg 


『TOKYO IGIN 春のオーケストラコンサート 飛び立つ女神たち』


■出演
大塚 茜(Fl)、佐藤 瞳(Sop)、南部れいな/末延麻裕子(Vn)
東京フィルハーモニー交響楽団

■曲目
・尾高尚忠:フルート協奏曲
・J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調 BWV1042
・モーツァルト:モテット「踊れ、喜べ、汝幸いなる魂よ」K165より「アレルヤ」
・サラサーテ:カルメンファンタジー op.25

50701222_2330179910386320_3882940148307984384_n.jpg

今回演奏した、尾高尚忠作曲フルート協奏曲は茜さんの音、雰囲気にとっても合っていて素晴らしかったです。

2019051101.jpg
CD販売(買って下さった方に協会会報を差し上げました)

2019051102.jpg

2019051103.jpg
会員の岩井さまと

皆さまの日程と合わずに協会の会員様も数人しか聴きにいらっしゃれなかったのがとても残念でした。
またの機会に是非聴いてみてください!

( 2019/05/11 22:06 ) Category コンサート | TB(0) | CM(0)

上野通明さんのコンサートへ 

連休初日の4/27に、上野通明さん(第6回コンクール弦楽器部門第1位)より、カサド作曲「チェロ協奏曲ニ短調」を演奏するので是非来て欲しいと嬉しいお誘いをいただきました。


57504431_2512968635440779_6121819489186086912_n.png 

2019 4.27〈土〉14:00 東京芸術劇場
指揮=コルネリウス・マイスター
チェロ=上野通明

58375496_2512970438773932_2486575366173360128_n.png

読売日本交響楽団第216回土曜マチネーシリーズにソリストとして呼ばれ、見事な演奏を披露してくれました。

20190427_sat216.jpg 
コルネリウス・マイスター:©読響
上野通明:©Darek Golik


お隣に座っていた見知らぬご夫妻は、「何と素晴らしいチェロ奏者なのかしら?今後はチェロを聴いていきたいわ。」と呟かれ、聴きに行ってくれた友人からは、「感動と共にこれからは追っかけをしそう!」とメールも頂き、自分のことのように嬉しく思いました。

2019050601.jpg

彼は15歳で第6回ルーマニア国際音楽コンクール1位受賞、次の年には一緒にルーマニア演奏旅行に行きたくさんの思い出があります。その後世界の名だたるコンクールで入賞した今も、必ず折に触れ連絡をくれるコンクール入賞者の一人です。プロフィールにも「ルーマニア国際音楽コンクール第1位」を入れてくれているのも嬉しい限りです。今後もどこまでも伸びていく上野通明さんの演奏を皆さまに聴いて欲しいと思います。



( 2019/05/05 15:01 ) Category コンサート | TB(0) | CM(0)

ルーマニア国際音楽コンクール受賞者 小林寿和子さんリサイタルへ 

第5回ルーマニア国際音楽コンクール声楽部門特別賞を受賞した小林寿和子さんが、受賞を励みにその後10年間研鑽を積み、この度初のリサイタルを開催いたしました。

52434202_2388133277924316_2353264206985297920_n.jpg 

52678091_2388133304590980_3987260840888762368_n.jpg

ルーマニア国際音楽コンクールは、15年の歩みの中で世界に飛び立つ何人もの優秀なアーティストを生み出してまいりました。その活躍のお陰で、若手アーティストの登竜門として知名度が高まっているコンクールです。その一方、年齢制限のないことから多くの経験を積んだ方々も毎年受けてくださっています。彼らの音楽人生にはそれぞれの物語があり、審査をしていて感動を覚えることがたくさんあります。

2019041601.jpg 
小林寿和子さん

2019041610.jpg 
会場の横浜みなとみらいホール

2019041606.jpg
大型のパイプオルガンを設置した大ホール


小林寿和子さんもそのお一人で、63歳でコンクールに挑戦し、そこで受賞したことが更に励みにとなり、御歳73歳になって初リサイタルを開くことになりました。

2019041604.jpg
みなとみらい小ホール

2019041605.png

2019041603.jpg

みなとみらい小ホール満員のお客様から拍手喝采を浴びるその姿に感動をもらいました。いらしていたお客様も勇気や希望をもらい、会場いっぱいの温かな空気に幸せを感じていらしたことでしょう!
とても素敵なひと時でした。

2019041602.jpg






( 2019/04/16 21:28 ) Category コンサート | TB(0) | CM(0)

第14回ルーマニア国際音楽コンクール入賞者披露演奏会 

5月16日(木)東京文化会館小ホールにて、第14回ルーマニア国際音楽コンクール入賞者披露演奏会を開催いたします。

2019021701.png 
フライヤーはこちらよりダウンロード可能です

2019021702.png
フライヤーはこちらよりダウンロード可能です


今回、シルバナ・チュ(メゾ・ソプラノ)さんはこの日のためにアメリカから来日し、スイス留学中の兒嶋賀奈子(クラリネット)さんは一時帰国しての出演、と嬉しい披露演奏会です。
他には、金丸梢さん、今井梨緒さん、櫻岡史子さんが素敵な演奏を聴かせてくださいます!


201809031.jpg 
第14回ルーマニア国際音楽コンクール入賞者


201805119.jpg 

2018051110.jpg

是非、お越しいただき、これから世界に羽ばたいていくアーティストを応援して頂ければ幸いです。


■チケット取扱い 
NPO法人日本ルーマニア音楽協会 
03-6869-9621 
info@r-ms.org


( 2019/02/17 19:08 ) Category コンサート | TB(0) | CM(1)

第2回ルーマニア国際音楽コンクールJr版 赤坂ジュニア音楽コンクール入賞者披露演奏会が終了いたしました! 

ルーマニア大使館タティアナ特命全権大使に迎えられ始まった入賞者によるコンサートは、終始笑顔の和やかな雰囲気で行われました。

2018121201.jpg

2018121205.jpg

タティアナ特命全権大使から歓迎とおめでとう!のご挨拶を頂いた後、うかい雅彦港区区議にもお祝いのお言葉を頂きました。

2018121202.jpg
タティアナ特命全権大使

2018121208.jpg
うかい雅彦港区区議

2018121203.jpg

日本ルーマニア議員連盟会長逢沢一郎衆議院議員からもお祝いの電報を頂きました。

2018121204.jpg

コンサートのトップバッターで登場した山下明香里さんは、まだ幼稚園生です。一つ一つの仕草が可愛いらしく、会場全体が幸せに包まれた感じでした。

2018121211.jpg
山下明香里さん

会場にいらしていた同年齢のお子さんが思わず「私も出たい!」と言ったと、後日談を聞きました。

2018121212.jpg
山田優月さん

2018121213.jpg
皆川侑凛さん

2018121214.jpg
濱田紗瑛さん

2018121215.jpg
平良真美さん

2018121216.jpg
中村文治さん

2018121217.jpg
永井初奈さん

2018121207.jpg

その後続く入賞者たちもそれぞれの個性いっぱいに、見事な演奏を披露してくれました。
一曲終わるごとに拍手が鳴り止まず、観客の感嘆の声が聞こえてきます!
演奏技術の素晴らしさもあるのですが、主催者としては、全員楽しそうに、自分の演奏をしていることが一番嬉しく感動します!

2018121218.jpg
伊藤遼祐さん

2018121219.jpg
蓮池隼稀さん 寺田誠司さん

2018121220.jpg
菊池虎太郎さん

最後を飾るグランプリ二人の演奏はより一層華やかで、素晴らしく、大人顔負けの演奏でした。この年齢でこの曲を見事に弾きこなすことが出来る毎日の生活を、そっと覗いてみたい気がします。

2018121221.jpg
佐藤利音さん

渡部勇一さんはルーマニア人から習ってきたというルーマニア語での挨拶をバルトーク(ルーマニアの作曲家とルーマニア人は言います。ルーマニア統合100周年の記念すべき年に飾る最後の曲としてとても相応しい選曲でした。バルトークが生まれた時は、その場所はルーマニアの領土だったのですから)の演奏前に披露、拍手喝采でした。ルーマニア語の発音も素晴らしく、語学と演奏は同じ能力と言われるのも分かる気がします。

2018121222.jpg
渡部勇一さん

2018121223.jpg

演奏終了後は、大使よりルーマニアでクリスマスに必ず食べるコゾナックが振る舞われました。演奏を終え満足感溢れる子どもたちは、ルーマニア大使館という異空間でルーマニアに触れる素晴らしい時間を過ごせたことでしょう!

2018121209.jpg

2018121224.jpg

2018121225.jpg

2018121226.jpg

感動してくださったお客様が当協会にご入会くださったのも、協会の事業が認められた、とても嬉しい出来事でした。

2018121206.jpg

2018121210.jpg

Photographer 宮高 奈美


( 2018/12/12 20:15 ) Category コンサート | TB(0) | CM(0)

ラドゥ・ネキフォル パンフルートコンサート 

先日、ルーマニア大使館において、世界的パンフルート奏者 Radu Nechifor(ラドゥ・ネキフォル)氏のコンサートが開催されました。

36863990_1943457265725255_8046860767972032512_n.jpg 
Radu Nechifor(ラドゥ・ネキフォル)氏

全国のパンフルート協会の皆様、ルーマニアの方々、日本ルーマニア音楽協会会員の皆様で、素晴らしいひと時を過ごすことができました。

日本ではまだ知られていない楽器ですので、来場者の皆さまの感想が気になりましたが、「こんな素敵な音色とは知らなかった!」「素晴らしい演奏で感動した!」などと、嬉しいお言葉をたくさん頂き、ラドゥ、ピアニストのマリウス、パンフルート協会の皆さま、そして主催した協会も嬉しく思っております。
"来年も是非 呼んでください" と、オファーも頂きました。

2018090111.jpg

ルーマニアの伝統楽器ナイも是非皆さまに知って頂きたいです!
パンフルートとは、ルーマニアの民族楽器でナイと呼ばれており、歴史は古代ギリシャ時代に遡ります。世界最古の管楽器とも言われ、ギリシャ神話に登場する牧神パンが吹いていた笛としても有名です。

ルーマニアでは、羊飼いの笛として伝承されていましたが、1950年代にルーマニアのパンフルート奏者ファニカ・ルカ(Fanica Lica)によって、この楽器が世界的に広まるきっかけがもたらされたそうです。
ファニカ・ルカの最初の学生が、ゲオルゲ・ザンフィル(Gheorghe Zamfir)です。そしてザンフィルの認めるパンフルート奏者が今回来日したラドゥ・ネキフォル氏です。

2018090110.jpg

次回来日の際は、是非この美しい音色を より多くの皆様に聴いていただければと思います。



( 2018/09/01 13:17 ) Category コンサート | TB(0) | CM(0)

第13回ルーマニア国際音楽コンクール入賞者披露演奏会を開催いたしました 

5月9日(水)東京文化会館小ホールにて、第13回ルーマニア国際音楽コンクール入賞者披露演奏会が開催されました。

201805111.jpg

このコンクールの特徴の一つに、6部門(ピアノ・声楽・管楽器・弦楽器・打楽器・アンサンブル)のカテゴリーの中からグランプリが選ばれるということがあげられますが、入賞者披露演奏会でも多岐に渡る演奏が聴けて楽しいという声をお客様から聞くことが出来ます。
各々の演奏を演奏者自身も聴ける貴重な機会ともなることでしょう。

201805112.jpg

2018051113.jpg 

今回はヴァイオリンの大槻桃人さん、ソプラノの小森麻由子さん、休憩を挟んで、ソプラノの山下みなみさん、最後がピアノの西能希さんの演奏でした。

201805114.jpg
大槻桃人さん

201805115.jpg
小森麻由子さん

201805116.jpg
山下みなみさん

201805118.jpg
西能希さん


一般的に入賞者披露演奏会は、知り合いの方の演奏だけを聴きにいらっしゃる方も多いのですが、こちらもこのコンクールの特徴ですが、ご自分の知り合いの演奏が終わったら帰る方は殆どいらっしゃらずに、皆さま最初から最後まで聴かれていらっしゃるのは、主催者としてとても嬉しいことです。

201805113.jpg
タティアナ・イスティチョアイア・ブドゥラ公使参事官


開催にあたり、ルーマニア大使館よりタティアナ公使のご挨拶を頂きました。
ルーマニア統合100周年を記念して、また13回という開催努力に関して、そしてアーティストの入賞をお祝いする嬉しいお言葉を頂きました。

201805119.jpg

お客様はそれぞれのアーティストの将来を楽しみに、アーティストたちは多くの方にファンになって頂けたようです。

2018051110.jpg

これからも、ルーマニア国際音楽コンクールの入賞者の活躍を応援よろしくお願いいたします。

2018051111.jpg

photo by 宮高奈美



( 2018/05/11 20:32 ) Category コンサート | TB(0) | CM(0)