FC2ブログ

日本ルーマニア音楽協会からの情報やメッセージ、音楽やルーマニアに関する楽しい知識などをお届けします。

ICon Arts Transilvania Summer seminar vol.12 

サマーセミナーも残すところ後2日となりました。

Blanc Quartettoのメンバーも、ようやく海外の友だちとも打ち解け、英語も理解できるようになった頃だと思います。
後2日間どのような事ができるか?起こるのか?楽しみでしたが、昨日メンバーの一人が転んで怪我をしたため、3人揃って参加ができませんでした。

セミナー受講者には、先生たちの推薦により、何回か演奏の機会が与えられます。今日の演奏会は毎日嶋田が見上げている教会が会場となり、10数組が演奏しました。

201808123.jpg

201808122.jpg 

201808124.jpg

アメリカから参加した彼女は唯一拍手がやまず、再度登場してお辞儀をしています。

201808125.jpg

日本の彼女たちはStrings Quartett in Residence として、選ばれて参加していますので、最初から2回のリサイタルを約束されて来ていました。ヴィオラ奏者が来れなくなったことによって1回しかチャンスをもらえなかったことは、返す返す残念でなりません。

201808121.jpg

201808129.jpg
デュプロマ授与

2018081210.jpg

2018081211.jpg

今日のコンサートは、素晴らしく上手な人から、これからさらに勉強を必要とする人、将来を期待される子どもたちなど、ソプラノからバス、ヴァイオリン、ヴァイオリンのデュオなど、また曲目もエネスクの作品からベートーヴェン、そしてコンテンポラリーまで多岐にわたり、大変充実した内容でした。

コンサートの後はガーデンでトニーおばさんの作る、美味しい、美味しいお料理を頂きました。

201808126.jpg

201808127.jpg

201808128.jpg

2018081216.jpg

2018081213.jpg

2018081214.jpg

2018081215.jpg



スポンサーサイト
( 2018/08/12 13:46 ) Category ICon Arts Transilvania - Summer seminar | TB(0) | CM(0)

ICon Arts Transilvania Summer seminar vol.11 

昨日のレッスン後、待望のシビウ観光ができました!お土産を買いたい衝動にかられていたBlanc Quartettoのメンバーは、短いシビウ滞在の間に、あれも買いたい、これも見たい、と時間との競争でしたが、お目当ての物を買うことができたようで、まずはOKだったようです。

Summerseminar40.jpg
中心につながるメインストリートの入口

Summerseminar36.jpg
コンチネンタルホテルの前で

Summerseminar37.jpg

Summerseminar38.jpg
コンチネンタルホテルの前が集合場所です


ルーマニア中部にあるシビウは12世紀にドイツ人により築かれたトランシルバニア地方屈指の古都です。今回は買い物に走り回り、広場の中心にある塔の上まで登って街全体を見渡すことが出来ませんでしたが、シビウの街は絵に描いたような、可愛らしい街並みが残っています。

Summerseminar25.jpg
シビウの街並み

Summerseminar26.jpg
中心にある広場

Summerseminar27.jpg
広場からの風景

Summerseminar28.jpg

Summerseminar29.jpg

Summerseminar30.jpg
広場を抜けて

各地でレッスンが開催されているために、中々他の所に宿泊しているプロフェッサーや生徒に会うことが出来ないのですが、シビウ観光には他の宿泊地からも来ていたので、アメリカから招かれているヴォーカルの先生に5日ぶりに会うことが出来ました。
来年は是非ヴォーカルの人を連れて来て!と頼まれています。

Summerseminar20.jpg 

ここは幼稚園と小学校です。
学校の裏には公園もありました。

Summerseminar21.jpg
学校

Summerseminar22.jpg
目のように見える屋根が特徴的

Summerseminar35.jpg

Summerseminar23.jpg

Summerseminar24.jpg
どのアイスクリームが良いかな?

Summerseminar31.jpg 

伝統的なハンドメイドのイエ(伝統的なルーマニアのブラウス)を作って売っているお店がありました。

Summerseminar32.jpg
広場に戻ります

Summerseminar33.jpg 
左端 prof アナマリア(アメリカから)

Summerseminar34.jpg
ヴォーカルの生徒たちと

観光と買い物を満喫した午後でした!




( 2018/08/09 21:02 ) Category ICon Arts Transilvania - Summer seminar | TB(0) | CM(0)

ICon Arts Transilvania Summer seminar vol.10 

昨日の弦楽四重奏Blanc Quartettoのリサイタルに、日本から来れなかったヴィオラ奏者の代わりに演奏してくださったセンズ先生は、今日から弦楽器の生徒さんたちのレッスンに戻ります。彼女たちの先生は、チェロのAdrian Mantu (アドリアン・マントゥ)先生に代わり、レッスンは、リキシュの学校で行われます。昨年、マリンバ奏者の上床直人さんが毎日練習場にしていた場所です。夜遅くまで、ずっとマリンバの音がしていました。

Summerseminar16.jpg
Adrian Mantu先生

Summerseminar15.jpg

アドリアン先生は明るく人懐っこい先生です。レッスン前には、一人で話し、一人で答え、一人で笑い!アーティストたちの気持ちをリラックスさせてくれていました。

Summerseminar12.jpg

Summerseminar17.jpg

Summerseminar18.jpg

Summerseminar19.jpg

レッスンが始まるとまず最初に、コンサート会場によって演奏の方法を変えなければならないこと、作曲者の年代によって弓の使い方を変えなければいけないこと、楽器の構え方、演奏する時の姿勢など、大きな捉え方をお話ししてくださっていました。

Summerseminar14.jpg

Summerseminar13.jpg

その後、技術の指導でしたが、アドリアン先生はチェロの先生なので、特に、舘野さん(チェロ)に細かく教えてくださっていました。

Summerseminar10.jpg 

Summerseminar11.jpg


レッスンの後は待望のシビウ観光へ行ってまいります!




( 2018/08/09 16:55 ) Category ICon Arts Transilvania - Summer seminar | TB(0) | CM(0)

ICon Arts Transilvania Summer seminar vol.9 

いよいよ今日はBlanc Quartettoのリサイタルです。

田舎に行くと、すぐそこ!と言われて、すぐそこなんだ。と思っていると車で10分。なんていうことは日本でも経験していますが、ここルーマニアの大地は広いこと!今日のリサイタル会場もすぐ近くと思っていたら、車で1時間半もかかって会場があるViscri(ヴィスクリ) の教会に辿り着きました。

201808081.jpg
Viscri(ヴィスクリ) 

201808082.jpg
Viscri Fortified Church(ヴィスクリ要塞教会)

201808010.jpg

201808083.jpg

201808084.jpg

201808085.jpg

リハーサルが始まると、Blanc Quartettoのために集ったカメラマン、録音技術者などスタッフ大勢が、彼女たちのために動き始めます。セバスチャン氏もブカレストから駆けつけてくれました。

201808098.jpg
リハーサルの様子

201808099.jpg 
大勢のスタッフが動きます

2018080106.jpg
リハーサルには教会に観光に来ている人も自由に入ってきます

201808089.jpg 
開演前にセバスチャン氏からBlanc Quartettoの紹介

201808092.jpg

2018080113.jpg

今日の曲目は、シューベルト 弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」です。

201808093.jpg

来れなかったヴィオラ奏者の代わりに、一緒に練習、指導してくださったセンズ(Prof. Csendes)先生と成果を発表出来る瞬間でした。

201808087.jpg

201808086.jpg

彼女たちの演奏は、多くの拍手とスタンディングオベーションに包まれ、最高のリサイタルとなったをことでしょう!嶋田にも、Csendes先生、Icon Arts のスタッフの方々、お客様からもたくさんの絶賛の声を頂きました。

201808088.jpg

201808094.jpg

リサイタルの後のランチでは思う存分ワインを飲んで、幸せそうな彼女たちでした。

2018080101.jpg

2018080102.jpg

2018080103.jpg
一緒に演奏してくれたセンズ先生と主催のセバスチャン氏

201808090.jpg

20180809.jpg

201808091.jpg
教会の2階から

201808096.jpg

2018080110.jpg
ランチを食べた所で演奏していています

2018080111.jpg
ランチを食べている丘からの眺め

2018080104.jpg

2018080105.jpg

2018080108.jpg
ワインも飲み放題

2018080109.jpg
日本でも買うことの出来るMonser のワイン
彼の顔写真入のワインです!

2018080115.jpg

2018080116.jpg


( 2018/08/08 21:22 ) Category ICon Arts Transilvania - Summer seminar | TB(0) | CM(0)

ICon Arts Transilvania Summer seminar vol.8 

現在9:30。隣の協会の鐘が鳴っています!ルーマニアのゆったりした性格によると、この時間に鐘が鳴らすのが時間を知らせるためなのか?分かりませんが、やっぱり鐘の音が聞こえるとヨーロッパの田舎にいるのだと実感します。

201808072.jpg
リキシュの教会

今日はホリデーなので、一日フリーです。

2018080712.jpg
教会

201808079.jpg
教会の裏側

Blanc Quartettが滞在しているビエルタン、そして嶋田の滞在するリキシュにも、各地からヴァケーションを楽しむ人がやってきています。

ゴシック様式の要塞聖堂を持つビエルタンの村落は、「トランシルヴァニア地方の要塞聖堂のある村落群」としてユネスコの世界遺産に登録されていますので、世界各国から観光客が訪れています。三重の壁に囲まれた要塞教会で、屋根付き階段を登って行くと、ビエルタンの村が見渡せます。

2018080715.jpg
ビエルタン

2018080716.jpg
ビエルタン要塞教会に上がる入り口

2018080714.jpg
ビエルタン要塞教会
この階段を上がっていきます。



反対に、リキシュは本当に小さな村なので観光するところはありませんが、自然を楽しむ人たちが、馬に乗ったり、バーベキューをしたりして過ごしています。

201808073.jpg

201808074.jpg

201808075.jpg

201808076.jpg
たくさんの人が車で来ています。

2018080720.jpg

201808077.jpg

201808078.jpg


日本では日傘をさし、太陽を避けて歩いていますが、ルーマニアに来ると、自然と一緒に過ごすのが当たり前に感じます。大きな声で笑い、美味しいものを食べ、ワインを飲んで、家族、友人たちと太陽をいっぱい浴びています。

2018080711.jpg 

この中の中庭でバーベキューや馬に乗っています。
いつもはこの大きなドアは閉められています。

2018080713.jpg

道路の反対側も今日は大きなドアが開いています。ここでもバーベキューをやっています。いつもはこの大きなドアも閉められていて、初めて中を見ました。

夜はリキシュに泊まっているプロフェッサー、学生など一同が中庭に集まってパーティーが始まりました。「日本語でパーティーは何というのですか?」との質問に「パーティー!」と答えると「オー!ノー!」と。大きな笑い声と共に一気にお互いの距離感も縮まります。

2018080717.jpg

ワインの他、いろいろと用意してある飲み物の中に、赤と薄い黄色のソフトドリンクがありました。fragiはルーマニア語で苺の意味ですが、「苺とは違う!」と言っています。berry の仲間であることは間違いないでしょう!首都ブカレストから郊外にドライブすると、道端で売っているあの自家製ジュースです。

2018080718.jpg
FRAGI 
2018080719.jpg
21時頃はまだこの明るさ

2018080710.jpg
夜はランタンも用意されています

パソコンから音楽を流し、飲んで、踊って、休みの一日は終わりました。


( 2018/08/07 21:38 ) Category ICon Arts Transilvania - Summer seminar | TB(0) | CM(0)

ICon Arts Transilvania Summer seminar vol.7 

本来ならば 今日は来る前から決まっていた、Blanc Quartettのための2つのコンサートのうちの1つ目のコンサートの日でした。日本から来れなかったヴィオラ奏者の代わりに演奏してくださるCsendes先生(ルーマニア国立ブカレスト音楽大学教授)との合わせの時間があまりにも短く、残念ながらシビウのフィルハーモニックホールでのコンサートはキャンセルになってしまいました。

201808051.jpg 

次に予定されている6日(月)のコンサートには必ず出演できるよう、今日のレッスンはさらに熱を入れて練習に励んでいます!明るく振る舞い、雰囲気を盛り上げてくれるCsendes先生は、身振り手振りを加え、時間を忘れて指導してくださっていました。

201808052.jpg

201808053.jpg

因みに、Blanc Quartettと嶋田は、ビエルタン村とリキシュ村 に分かれて滞在しています。リキシュには、受講生とプロフェッサーとスタッフと総勢10~15人位が各アコモデーションに分かれて滞在し、食事の時に一堂に介します。コソボの弦楽四重奏団も何日か一緒に過ごしましたが、今はルーマニア人ばかりです。会話はもちろんルーマニア語ですが、私のために時々誰かが英語で話し出してくれます。すると、全員が英語で話し始め、いつのまにかまた、ルーマニア語に戻る、そんな毎日を送っています。

201808054.jpg
部屋の隣の納屋も夜にはライトアップされます

このグリーンの大きなドアの向こうに嶋田は滞在しています。

201808055.jpg

そのグリーンの大きなドアを開けると、中庭が広がっています。

201808056.jpg

ここでメールしたり、本を読んだり、ある時は洗濯物を干したりしています。

201808057.jpg

ドアの開いている所が嶋田の部屋です。10畳以上の広さがあるのではないでしょうか?

201808058.jpg

ご覧の通り、とてものどかな村です。

201808059.jpg

食堂とアコモデーションの間にある教会です

2018080510.jpg

旗はIcon Arts のセミナーのためにあちこちではためいています。




( 2018/08/05 21:18 ) Category ICon Arts Transilvania - Summer seminar | TB(0) | CM(0)

ICon Arts Transilvania Summer seminar vol.6 

今日は午前中レッスン、午後は個人練習と一日中レッスン漬けです。
一方、嶋田はこちらでできる仕事や、これからのスケジュール、コンクールに向けての準備など、頭をフル回転させています。
また、Icon Arts とのパートナーシップについても考えることがたくさんあります。

2018080423.jpg 

こんな自然の中で10日間、各国の学生と関わり、音楽や文化、そして若者の日常など、おしゃべりすることは今後の人生において多くのことを与えてくれることでしょう。現に嶋田が若い時に経験した海外でのサマーセミナーが、今、このような形で若者たちに還元できているのではないかと思います。

2018080421.jpg

若いからこそ吸収出来る全てを得るために、このセミナーがあることを日本の学生に伝えるのが今の役目かと感じています。


さて!日々の生活に話題を戻します。
こちらでは、毎日美味しいお料理を味わっています。

201808046.jpg
お料理を作ってくれるオーナー


201808041.jpg

2018080422.jpg
朝食テーブルセッティング

201808042.jpg
インパクトのあるパプリカのピクルス

201808043.jpg

お昼と夜は必ずスープが出ます。

2018080411.jpg

パンは毎日焼いてくれています。

201808044.jpg

スクランブルエッグも卵が新鮮なので美味しいです。

201808047.jpg

手作りジャムも数種類。
個人的には杏のジャムが一番好きです。

201808048.jpg


201808049.jpg

201808045.jpg



2018080410.jpg

濃厚なヨーグルトにハチミツをたっぷりとかけて。

2018080412.jpg

2018080413.jpg
キュウリのサラダ

2018080414.jpg
肉団子のスープ

2018080415.jpg
アイスクリームにミントを添えて

2018080416.jpg
アイスクリームはディナーのデザートによく出されます 

2018080417.jpg
ピラフ

2018080418.jpg
キャベツのサラダ

2018080420.jpg
2種類のピクルス

2018080424.jpg


そして、ダイニングにはいつでも豊富な果物が提供されています。

2018080419.jpg








( 2018/08/05 09:20 ) Category ICon Arts Transilvania - Summer seminar | TB(0) | CM(0)

ICon Arts Transilvania Summer seminar vol.5 

いよいよ今日からレッスンが開始されます。

201808031.jpg
レッスン会場となる学校

201808032.jpg

昨年はセミナー開始日と同時に現地入りしたのでわかりませんでしたが、7月22日~8月12日まで前期、後期に分けても100人の生徒と先生を入れ替えるロジックは見ているだけでも相当大変そうです。各村に宿泊する生徒の配置でさえ、いったい何人のスタッフが関わっているのでしょうか?大型のバスからミニバス、そしてセダンまで、何台もの車が村と村を行き交っています。

201808033.jpg

アンサンブルのレッスン会場は昨年ピアノの会場だったビエルタンの学校で開催されるので、彼女たちもここリキシュからビエルタンに昨日移動しました。

201808034.jpg

学校の1階、2階の各部屋が弦楽器のレッスン室に充てられているようで、あちこちから弦楽器を持つ生徒が集まってきます。

201808035.jpg

2階の教室で練習を始めます。

201808036.jpg

Blanc Quartett も一つの部屋で練習を始めています!今日のレッスンはランチの後なので充分に練習出来るようです!


2018080322.jpg 

私が泊まっているペンション風一軒家にも新たにプロフェッサーがやってきました!この環境の中で、自由にサックスを吹かれています!

2018080323.jpg


レッスンの後は、全員でDealu Frumos の見学とコンサートを聴きに大型バスで出発します。

201808037.jpg

2018080310.jpg
説明を受ける受講生たち。
言語はルーマニア語から英語に通訳されます。

201808038.jpg

2018080324.jpg
教会の看板

2018080325.jpg

2018080326.jpg

2018080317.jpg
これからコンサートが始まります。

2018080318.jpg
プログラム

2018080319.jpg

教会でのコンサートは、コソボから来ている若い学生の弦楽四重奏Cvartetlu Newbornの演奏を聴きました。

2018080327.jpg

2018080328.jpg

201808039.jpg

2018080315.jpg

そして、お庭でのガストロノミー!
大鍋の牛肉煮込みやチーズ、サラミの定番の他に長ネギもかじります!

2018080320.jpg

2018080321.jpg
大鍋で牛肉の煮込み
見た目よりずっと美味しいです!

2018080311.jpg 

2018080312.jpg

2018080313.jpg

2018080314.jpg

9時を過ぎても明るいので一日が長く感じます。
そして1時間かけて宿泊先に戻りました。


( 2018/08/04 12:33 ) Category ICon Arts Transilvania - Summer seminar | TB(0) | CM(0)

ICon Arts Transilvania Summer seminar vol.4 

今日は、Summer seminar第1部と第2部の入れ替えの日です。
ビエルタン(Biertan)で受講生はレッスン、宿泊します。


2018080237.jpg 
ビエルタン
ルーマニアのトランシルヴァニア地方シビウ県に属するコミューン。ビエルタンにあるゴシック様式の要塞聖堂を持つ村落は「トランシルヴァニア地方の要塞聖堂のある村落群」としてユネスコの世界遺産に登録されている。


彼女たちも一旦荷物を整理した後、改めてIcon Arts の事務所に行き登録手続きをしパスをもらい、2人一部屋のドミトリーに移動です。


2018080249.jpg
Icon Arts の事務所前


2018080242.jpg


2018080239.jpg


2018080240.jpg
ドミトリー入口


日本からの参加者は3名のため、1名は外国の受講生との相部屋になります。
拙い英語であってもせっかく海外に来ているのですから、たくさんの友人を作って欲しいと思っています。


2018080248.jpg


それにはシャイな日本人にとって多少のプレッシャーはあるにしても、かえって良かったのではないか?と思っています。


2018080244.jpg
これからお世話になるスタッフの方々と


2018080238.jpg
昨年の受講生とスタッフ

昨年のSummer seminarに参加した上床直人さんについても話題にあがりました。


2018080241.jpg
ドミトリー内部 


2018080246.jpg


2018080247.jpg


みんなで食事をしたり、寛いだりします。


2018080243.jpg
ランチのチョルバデプイ(鶏のスープ)とレモネード


2018080245.jpg
豚のローストにマッシュルームソース


今回の受賞者はカルテットです。なのになぜ3人?と思われた方もいらっしゃるでしょう。実は、出発1週間ほど前に、ヴィオラ奏者が指を痛め、急遽キャンセルを申し出てきたのです。それから、他のメンバーや嶋田も大慌てで探しましたが、探しきれずに出発の日を迎えてしまいました。

しかしながら、招待してくれているセバスチャン先生が、今回弦楽器の先生として招聘されている方に代わりに一緒に演奏してくれるように頼んでくださっていました。
明日からのレッスンが楽しみです♪


( 2018/08/02 16:18 ) Category ICon Arts Transilvania - Summer seminar | TB(0) | CM(0)

ICon Arts Transilvania Summer seminar vol.3 

ルーマニアに到着して2日目。
前回お伝えしたように、今年はイレギュラーで呼んでもらっているので、8月1日までは終日フリーです。とは言えどこにも行かず...というのはおもしろくありませんので、このサマーセミナー第1部のフェアウェルパーティーに参加することとなりました。昨年参加している私としては、逆から始まるような錯覚を覚えました。まずはデュプロマ授与からの参加です。

2018080217.jpg
大型バスでフェアウェルパーティー会場に移動

2018080218.jpg
バスの車窓からは美しい風景が広がります

2018080219.jpg

2018080220.jpg


2018080232.jpg

この教会の裏手がパーティー会場です。
まずはこの教会を見学しました。

2018080233.jpg

2018080225.jpg
教会に向かい登っています。景色は最高!!

2018080226.jpg

2018080227.jpg

教会に到着!
昨年は反対側から来たので、中に入ってようやく昨年訪れた教会だということを思い出しました。

2018080228.jpg


2018080229.jpg

2018080230.jpg

ここで歌の練習をしていましたが、響きわたる歌声は神に届くといっても過言ではないでしょう!

2018080221.jpg

2018080222.jpg

会場は昨年と同じ、山の上の会場でしたが、何と今年は雨が降りそうだ、ということで、デュプロマ授与も室内で、コンサートもテントの中という、昨年を知っている私としてはとても残念な思いです!私たちの2部のフェアウェルパーティーは是非晴れて欲しいものです!

2018080223.jpg
リハーサル風景

2018080224.jpg

2018080231.jpg
生憎の天候で観客もテントの中。。。残念!


テントの中では、昨夜のロンドンシンフォニー学生オーケストラの演奏、ルーマニアの民族ダンスの紹介、そしてガストロノミーと続きました。食べている時間だけ雨が止んだのがせめてもの有り難かったことです。しかし、彼女たちはもう一回こんな美味しいワインと食事が食べられると喜んでいました。

2018080234.jpg

先程リハーサルをしていた伝統的なダンスです。

2018080235.jpg

ここからは子どものダンスもありました。

2018080236.jpg



( 2018/08/02 16:16 ) Category ICon Arts Transilvania - Summer seminar | TB(0) | CM(0)