日本ルーマニア音楽協会からの情報やメッセージ、音楽やルーマニアに関する楽しい知識などをお届けします。

モルドバ共和国大使館へ 

先日、協会会報のインタビュー記事のためにモルドバ共和国大使館を訪問し、ヴァシレ・ブマコフ大使にお話しを伺ってまいりました。


201706171.jpg 


ルーマニアの北に位置するモルドバ共和国は、ルーマニアと同じルーマニア語を話しますが、ルーマニア、モルドバ共和国、それぞれの特徴や魅力があることを皆様にお伝えできれば、と思っています。


200912040329385ca.jpg 


昨年、日本に初めて在日モルドバ共和国大使館ができ、初めて赴任された大使ですので、モルドバ共和国の自然、ワインや特産品などを日本に紹介したい気持ちは人一倍強くお持ちのようです。四季折々の景色とレジャーの楽しみ方など興味深いお話をたくさん伺ってまいりました。


モルドバ11232 
お土産にいただいたモルドバ共和国のワイン


昨年12月に開催した“World Music Festa 2016” でもブースを出展くださり、当協会を側面から盛り上げて頂いています。


201706172.jpg 
“Would Music Festa 2016” モルドバ共和国ブース


詳しい内容は次号会報をお楽しみに♬



スポンサーサイト
( 2017/06/17 17:44 ) Category スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

桜会 @假屋崎邸 

桜咲くある一日、假屋崎省吾先生のお宅で桜会が開かれました。
假屋崎邸と道を挟んだ目の前に、先生のために咲いているのではないかと思ってしまうほど、見事な桜が咲き誇っています。

201404122.jpg 

実は前のマンションの敷地に植えてある桜だそうなのですが。

201404123.jpg 
玄関までは美しいチューリップがお出迎え


201404124.jpg

今日は2階で桜会が開催されました。

201404125.jpg

テーブルには所狭しとお料理が並び、さすがアーティストと言いたくなるほど、器とお料理のレイアウトは美しいです!

2014041217.jpg 

人参、玉ねぎ、じゃがいも、鶏肉たっぷりコーンスープ、タイ風レタス巻き、ウナ卵、鯛とこんぶの炊き込みご飯のおにぎりと身体に優しいものばかりです。

2014041216.jpg 

2014041215.jpg 

2014041213.jpg 

そしてデザートは、手作りのボンタンゼリーと売り切れごめんの表参道瑞穂の大福です。

2014041210.jpg 


桜会の宴の間のシャンデリアは、まるでお花が咲いたようでした♬

201404128.jpg


2014041214.jpg
もちろんルーマニアワインも♪


2014041211.jpg

201404127.jpg

假屋崎先生のアメブロにて、更に美しいベランダからの眺めをご覧いただけます♫

201404126.jpg 

ベランダから手が届くところに美しい桜が。

201404129.jpg

この日はあいにくの雨でしたが、美味しいお料理、そしてルーマニアワイン、ビール、ウイスキーとほろ酔い加減でお部屋のライトを消し、しばし桜を愛でた桜会でした。





( 2017/04/12 21:18 ) Category スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

『リュブリャナ 旅行記』重松彩乃さん ♪ 

昨年秋の演奏旅行に同行した重松彩乃さん(第11回ルーマニア国際音楽コンクール弦楽器部門第2位・ルーマニア大使館賞)が、先月 スロベニアの首都リュブリャナへ単身で訪れました。


20170304shigematsu1.jpg


演奏旅行の際、コンサートのため訪れたリュブリャナ音楽大学のメルニコウ教授(Vasilij Meljnikov)と出会ったことがきっかけとなり、今回の旅行が実現しました。


20170304shigematsu1 (2)

2016.10 メルニコウ教授と重松さん


重松彩乃さんから滞在時の様子を綴った記事と画像が届きましたので、どうぞご覧ください♪


************************************


昨年の10月のルーマニア演奏旅行の際、スロベニアの首都リュブリャナの音楽アカデミーでも演奏をさせていただく機会がありました。そのとき、お世話になったメルニコウ教授のバッハを聴き私は電撃に打たれたように、自分もこのように弾きたい、この先生にバッハをみてもらいたい、と思いました。そしてこの2月、それが叶いました。

 

私はずっとバロック音楽の弾き方で悩んでいたのですが、今回先生のレッスンを受けて、進むべき方向が見えてきた気がしました。

レッスンではボーイングの問題からキリスト教のお話まで、またレッスン以外にも色々な経験をさせていただき、じっくり向き合っていただいた数日間でした。


17102015_1870559509825600_875606914_n.jpg

 

初めての海外への一人旅で、しかも直行便もなく少し不安はありましたが、無事にリュブリャナの空港まで着くことができました。空港へはメルニコウ先生の生徒さんが迎えにきてくれました


17093898_1870559543158930_423730360_n.jpg

プレシェルノウ広場

17141339_1870559593158925_1335028373_n.jpg 

竜の橋

竜はリュブリャナのシンボルです。


17124594_1870559676492250_1920910948_n.jpg 

レッスンのとき先生の長いバロック弓を貸していただきました

 

17125213_1870559729825578_356147246_n.jpg

教会で


17105382_1870559816492236_1465368695_n.jpg 

 


レッスンの合間に、10月のコンサートで知り合った友達がメテルコワ芸術村に連れて行ってくれました。


17124990_1870559836492234_123495608_n.jpg


17125089_1870559873158897_2032947245_n.jpg 


17124575_1870559889825562_2038006714_n.jpg




17101355_1870559906492227_1191685500_o.jpg 

ハウスコンサートもありました。


私と先生の、スロベニアの作曲家タルティーニの二重奏から始まり、メルニコウ先生の生徒さん達のイザイやルクレールからタンゴまで、ソロや二重奏の演奏を楽しみました。


17121723_1870559913158893_1817928275_o.jpg 

私のソロはバッハでした。


17101894_1870559933158891_1523982246_n.jpg


17105367_1870559919825559_1241878466_n.jpg


17101205_1870559953158889_1812055423_o.jpg




17106116_1870559963158888_37309780_o.jpg

空港にて


17125172_1870559986492219_398370195_n.jpg

短い滞在でしたが、今回リュブリャナへ行くことができて本当に良かったです。

学んだことをこれからじっくり深めていけたらと思います。


重松彩乃

 


( 2017/03/04 14:12 ) Category スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

重松彩乃さん「第8回 若いヴァイオリニストのためのルイ・シュポア国際音楽コンクール」特別賞受賞 

ルーマニア演奏旅行から帰国し、数日後にはコンクールのためドイツに渡った重松彩乃さん(ルーマニア国際音楽コンクール弦楽器部門第2位・ルーマニア大使館賞)が、素晴らしい成績を収め帰国されました。
ルーマニア演奏旅行先からそのままドイツに入国した方が早いのでは?と、みなさんお考えになるかと思いますが、“学校の単位のために僅かな時間をも惜しみ日本に戻る” という重松さん。本業を忘れない姿に嬉しく思いました。

201611231.png

重松さんは、ドイツのワイマールで開催された「第8回若いヴァイオリニストのためのルイ・シュポア国際音楽コンクール」で、二次予選の課題(1950年以降に作曲された無伴奏作品)で演奏旅行でも演奏した三善晃作曲“ヴァイオリンのための鏡”を演奏し、特別賞「the best interpretation of a work composed after 1950」を受賞しました。

201611230.png
international louis spohr competition for young violinists公式HPより

HfM-02208_01_fe4c4eb516.jpg
公式HPより

Spohr_Preistraeger_Foto_Maik_Schuck_01_13462c9ebc.jpg
公式HPより

ファイナルではメンデルスゾーンのバイオリン協奏曲を、ワイマール・フランツリスト音楽大学オーケストラと演奏されたそうです。

20161123.jpg

これからの活躍が楽しみなアーティストです!!


( 2016/11/23 13:53 ) Category スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

イオン・ボクダン・スティファネスク氏が『The Flute』に登場! 

6月に来日し、コンサートを開催したルーマニア出身のフルート奏者イオン・ボクダン・スティファネスク氏が、『THE FLUTE』Vol.153に登場いたしました!


13260198_1011749658896025_2027151695658684939_n.jpg


2677a18a-76b0-4a05-85e0-2111dbd25fff.jpg
来日コンサートでのショット


thefulte.jpg
現在発売中の『THE FLUTE』Vol.153表紙


thefulute3.jpg

《Close-up2》
最高の出会いと後悔と……すべてが今の自分のもと
イオン・ボクダン・スティファネスク

『THE FLUTE』153号インタビューに登場したルーマニア出身の奏者、イオン・ボクダン・スティファネスク氏。
取材当日は2時間たっぷり、とても饒舌に話を聞かせていただいたそうです。
誌面に掲載できなかったエピソードもあり、「THE FLUTE オンライン」ではそれらを皆さんにお届けしたいとのこと。
また、インタビュー翌日に行なわれたコンサートの模様を、インタビュアーを務めた平山恵さんがレポートしております。
誌面と併せて「THE FLUTE オンライン」も是非ご覧ください♬



( 2016/09/04 21:29 ) Category スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

『ロームミュージックファンデーション スカラシップ コンサート』 

第12回ルーマニア国際音楽コンクールの締切も明日までとなりました。


20160702.jpg


先週から、第1回ルーマニア国際音楽コンクールグランプリの大澤一彰さん、第9回グランプリの田原綾子さんと演奏会にご招待頂き、素晴らしい時間を過ごさせて頂いております。
そして7月27日(水)には、昨年のターキッシュエアラインズ賞の阪本玲歌さんのコンサートも開催されます。
皆様もご存知ののように、入賞者の活躍はめざましく、ルーマニア国際音楽コンクールを主催する者としては嬉しい限りです。


入賞後、公益財団法人ロームミュージックファンデーションの奨学生となる入賞者も随分増えています。


string2016.png

ayakot.png


そんな中、8月4日(木)、5日(金)、20日(土)に京都にて『ロームミュージックファンデーション スカラシップ コンサート』が開催されます。


sukara1.png


sukara2.png


4日に原麻里亜さん(第5回グランプリ・ヴァイオリン)、5日に上野通明さん(第6回グランプリ・チェロ)、20日に井坂実樹さん(第6回グランプリ・フルート)が出演します。

ロームミュージック ファンデーションHP内ブログにて『エネスク編』として原麻里亜さんが奨学生レポートを書かれていますので、こちらよりご覧ください。


京都にお住まいの方は是非足をお運びいただき、これからますます活躍する若きアーティストを応援してください!!


( 2016/07/14 21:49 ) Category スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

アレクサンドラ・ポペスクさん♪ 

昨年のルーマニア演奏旅行でガイドを引き受けてくれた、アレクサンドラ・ポペスクさんが事務所に遊びに来てくれました。


12200587_779328402193813_1861519617_n_20160702174250053.jpg
2015ルーマニア演奏旅行より


12212049_779338768859443_1538514058_n_20160702174251f74.jpg
2015ルーマニア演奏旅行より



そして、今年のルーマニア国際音楽コンクールのフライヤーデザインも担当している、デザイナー川西令紗とすっかり仲良しに!

1df3792f-7671-41e6-8dc7-4beda6984812.jpg
初登場!デザイナー川西!!


c1efd790-f221-46c6-aceb-2fbc8a565033.jpg
笑いが止まりません


c6231afe-b983-4352-a715-a68fe5a1e77f.jpg
アレクサンドラさん得意の自撮りで楽しんでいました。


20160702.jpg

川西令紗デザイン
【12thルーマニア国際音楽コンクール】フライヤー

201607022.jpg


そしてなんとアレクサンドラさんより、かわいいマグカップを嶋田と川西へプレゼントしてくださいました♪


35fd589b-3ad8-4582-bfc6-af3a5a318bdd.jpg
ねこのしっぽが持ち手になっています


c8251078-e28b-4be9-8b06-0508b3c2669e.jpg
さっそくカフェラテを入れてみました


ランチは神谷町の美味しいバーガー屋さんへ!

a53d5546-775c-4ddd-a077-648cb85ffbcb.jpg


5ede3f47-90c2-434c-a0fd-16069db7d304.jpg
一口食べてこの笑顔(*^-^)


ルーマニアから就職活動のため来日してまいりました。
どこか良い会社ご存知ですか?


( 2016/07/02 17:59 ) Category スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

ノバルティスホールディングジャパン鳥居正男様を訪問 

ポルシェ ジャパンの黒坂登志明会長から 『ポルシェ カレラカップ ジャパン2015』 のご招待を受け、昨年末ウェスティンホテル東京に伺った事は、以前ブログで紹介いたしました。


140d075d-324a-455c-ade2-f64542f1c54e.jpg
2015年12月 黒坂登志明会長と


その際にご紹介された鳥居正男様が、7月1日付けでノバルティスホールディングジャパン株式会社の代表取締役社長に就任されるため、お祝いのご挨拶に伺ってまいりました。


f132c834-3a75-4ae8-ac8a-b346da0a274b.jpg
鳥居正男 代表取締役社長と


協会の今後の活動についてもお話させて頂き、大きな力になって頂けることと思います。


ef0b718b-d3a1-442b-992b-98b2dd8382a6.jpg


虎ノ門ヒルズ31階のオフィスから、真正面に東京タワーを望む眺めは最高でしたが、曇り空が残念!!


61d39cf2-eec2-46d2-ad32-59a399fc79b7.jpg


虎ノ門ヒルズを後にし、歩いて帰る途中には晴天に。。。


48d3b73b-8af7-4081-b7f8-02ef6c326347.jpg



( 2016/06/25 19:02 ) Category スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

京都へ 

船上パーティーの翌日は京都へ。
藤井さんのお祝いに訪れたにも関わらず、反対に藤井さんに京都をご案内頂くという贅沢な旅です。


a0c7f78f-4682-492c-9140-4e3e18f05a2b.jpg


こちらは、京都市東山区粟田口にある青蓮院(青蓮院門跡)です。
天台宗の京都五ヶ室門跡の一つで、宗祖伝教大師以来の比叡山上の住坊「青蓮坊」が発祥。その京都での里坊として天台座主行玄が平安後期に院の御所に準じて建立。「青蓮院」と称したそうです。


f39de52d-1fab-4a55-b46e-d21f4f56aa92.jpg


敷地内には素晴らしい庭園が広がります。


32bced13-b2c1-4b6f-86dd-0f3914cc5479.jpg


b20c4f5c-f6b2-4c18-965c-eefc30e4fc76.jpg


2229ebc7-3079-4df0-a9df-7df2e323eaae.jpg


6e1fa8c9-1e4d-42c3-96f0-77c732acb75f.jpg


同行した槙田様が衣装を担当するフジコ・ヘミング氏が、2010年にこの場所でコンサートを開催されたそうです。


48719c5c-7e72-471c-b3f9-b975af795c07.jpg


eb7dc684-3a70-49d9-9e86-4bd28681fb7f.jpg
京都市街を一望できます。


2b52ee4f-90ec-4329-9179-293eeebe1b57.jpg



そして、ランチは祇園MIKUNIにお連れ頂きました。


eb2f8fc5-187d-480c-8113-40e2c36683c1.jpg


dfbb53ee-d6ed-4d75-b1f2-3fe4b8553a74.jpg


店内に入った瞬間から、隅々まで行き届いたおもてなしに感嘆の声を発しましたが、それ以上にお料理の美味しかったこと。


f4ffa10d-c5c3-48d2-bd59-b5295b6a23c1.jpg
中庭にある樹齢200年のオリーブの木


539f8cd0-ba06-4e21-ab80-6c00eededaab.jpg
飲めない私たちのためにノンアルコールカクテル


c7e643f1-3454-4537-9ad8-2b3115692c7d.jpg


特に前菜になるのでしょうか?上賀茂 田鶴さんの賀茂茄子の酢ゼリー掛けと淡路 新玉葱の冷製スープは忘れられない美味しさでした。


744d0421-95e5-421e-9322-2c89e03701b6.jpg


0cd3f9a9-9a52-4673-8489-9d85c4e076cb.jpg


30fcd981-26f6-461f-84c5-b996362e4cee.jpg


3e1f61f4-0099-483d-a322-bedb44a5af6f.jpg


3a1a7faf-e03a-4a82-984e-bf0db98927ad.jpg


もちろんメインの京丹波ポーク肩ロース備長炭炭火焼き赤ワインビネガーのソースは格別!
笑いが止まらないほどのトリュフをかけて頂いて、なんと贅沢な一品!


71fbd685-f44c-40e9-904b-1f4e76862384.jpg


fa93a741-0af6-4fb8-bdc7-5df6aac78357.jpg


738cfda2-6dc1-4b9d-a572-ad2808f0725d.jpg


9a958e42-d02b-4042-a0a9-fe0e0592bca1.jpg


681f8639-73ba-4609-9eee-4c8126d74fa0.jpg


164d4cfb-b725-44ec-b87a-2930be891c9d.jpg


最後まで繊細かつボリュームたっぷりのランチに大満足でした。


3b6f28ce-8ed2-4eac-a9b4-83657fe96fc6.jpg


藤井様のお心遣いに感謝です。



( 2016/06/25 17:01 ) Category スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

小さな外交官 

一ヶ月程前に、当協会の理事である前川冨士子さまより、いつものように明るい声でお電話を頂きました。
学習院初等科に通うお孫さんが、社会科の授業で世界の国を調べることになり、なんとルーマニアの担当になったそうなのです。
子どもたちの将来に夢を与える良い機会と思い、シェルバン大使にお願いして直接インタビューをさせて頂くことになりました。


586563be-bbde-4d8d-b950-62463cb2da3f.jpg
緊張しながら受付で待つ 前川啓輝君と中村太一君


3219552c-142d-4cf3-9cc2-2594aedd2c57.jpg
お部屋に通されて緊張マックス!


事前に渡してあった資料にキチンと目を通していた啓輝君と太一君は、大使にお目にかかるなり「Buna Ziua!」(ブナ・ジゥア=こんにちは) とご挨拶!
ルーマニア語での二人の挨拶に思わず笑みが漏れたシェルバン大使からは、「こんにちは!」と日本語で返して頂き、張り詰めていた緊張感が少しほぐれたようです。


36cba181-4f3f-456e-9922-c9a5d6e8eb32.jpg


インタビューは、今二人が夢中になっているサッカーの質問から始まり、ルーマニアの観光地、大使のお仕事、ルーマニアと日本の違いなどと続きました。


f54e9052-5a82-4bb0-bb49-6ebfe57f3300.jpg


用意してきた質問を終えると反対に大使から、「海外に行ったことがありますか?」との質問を受けていました。
未だ海外に行ったことのない二人に「是非ルーマニアにいらしてください。そして将来には君たちが日本大使となってルーマニアで会いましょう!」と大きな期待を寄せられていました。


2d7d0844-60a3-40dc-9b2e-327a1a39d14f.jpg


8299753e-2ec7-4b2e-9e6d-feb74ffa54a2.jpg
シェルバン大使と右側前川啓輝君、左側中村太一君



最後に、二人のお小遣いで買ってきたお箸を大使にプレゼントしました。

5fe67458-60c8-4ec4-9ddc-43a9289f5385.jpg


5c4ed35d-fc20-4bba-8d3e-c8b444fabed8.jpg
プレゼントを受け取り満面の笑みの大使


そして大使からも二人へプレゼント。
ルーマニアを紹介した写真集が手渡されました。


bb6e4741-8099-4826-a215-fade6d6c75b8.jpg


64d547d6-4e15-46fe-9d52-ce6fd91177cc.jpg


a4e6de4c-e7d9-4876-bccf-c7b70e800e50.jpg
大使からサインも頂きました


c6e9f8f0-af7f-4fa9-ad65-f29ed6fd0d38.jpg
秘書のシルヴィアさんと前川冨士子さん



小さな小さな日本とルーマニアの交流がここから始まります。

73a19e0e-38dd-46a9-aaf1-52b238dda7c4.jpg




( 2016/06/12 10:33 ) Category スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)