日本ルーマニア音楽協会からの情報やメッセージ、音楽やルーマニアに関する楽しい知識などをお届けします。

『国際コラールフェスティバル』 in ミオヴェニ 

ルーマニアに滞在中、友人が出演する国際コラールフェスティバルが “ミオヴェニ” という
小さな町で開かれるというので、1泊演奏旅行に同行させてもらいました。

14071211.jpg

14071210.jpg

プロイエシュティという、ブカレストから1時間半の町に合唱団メンバーのバスに同乗し、
ホテルで準備した後に会場入りです。

1407122.jpg

1407121.jpg

小さな小さな町なのに、国際フェスティバルが開催されているのです!!
スイス、メキシコ、ロシア、トルコなど、本当に国際色豊かなフェスティバルです。

1407128.jpg

1507127.jpg

ルーマニアにはルーマニアタイムがあり、まず、決められた時間に開始されることはないのですが・・・
19:30からの出演と聞き、19時には私一人 ホールで楽しんでいたのですが、あまりにも出番が遅く、
もしかしてこの会場ではなかったのかしら??と、不安になりました。
それから待つこと3時間!!! 22:30にやっと登場!!このフェスティバルの最後を飾るグループでした。

1407129.jpg
こちらが友人の合唱団 “プレリュード” です

内容は大変素晴らしく、あっという間の2時間。
“ブラーボ、ブラーボ” の嵐は止まず、指揮者と会場のお客様とのジョークが飛び交う楽しい時間が過ぎ、
フェスティバルは終了しました。

hora2.jpg

そしてフェスティバル終了後終のパーティ会場へ移動。
みんなでルーマニアのダンス “ホラ” を踊りました。

hora1.jpg

既に真夜中の12時を回っています。
長い長い、充実した一日でした。

スポンサーサイト
( 2014/06/29 12:09 ) Category イベント | TB(0) | CM(0)

子どもたちのクワイアー 

ルーマニア滞在中、友人が教えている子どもたちのクワイアーの練習を見学に行きました。
いつでも、どこででもルーマニアの人々は暖かく迎えてくれます。

1407125.jpg

私の為にと歌ってくれた曲は、天使の歌声そのものです。
環境もままならぬ、その中から生まれる歌声に、不覚にも感動の涙を流す一コマでした。

1407126.jpg

1407124.jpg


( 2014/06/28 12:08 ) Category イベント | TB(0) | CM(0)

貴重な体験 

ルーマニアの人々は敬虔なるクリスチャンです(ルーマニア正教)。
教会にもしばしば連れていかれるのですが、今日は友人たちと『スフォント・ギョルゲ』という小さな町に行ってきました。

201406258.jpg

行く前に「ソウルファーザーに会いに行く」と言われており、以前に名付け親(ミドルネームを付ける母親の友人、知人が普通はなります)だというのは聞いたことがあったのですが、ソウルファーザーとは??なんだか見当がつきませんでした。

そして辿り着いた場所には、いたって普通の家の門がありました。

201406251.jpg

しかし、門を開けるとたくさんの人々が中庭にあふれていました。
しばらく待つとそこに一人の年配の男性が現れ、人々は彼にひざまずき手にキスをしています。
「彼がソウルファーザーよ」と言われ、「ここは教会なの?」と尋ねると、「教会はこの近くにあって、今そこから私たちのために来たのよ」と聞かされました。

どうやら、悩みや今後の方針を神様から伝達してくれる神父さまのようです。
私も「何か心配ごとがあるか?」と聞かれ、「ノーサンキュー」と答えました。
まだまだ奥が深い、ルーマニアの風習の一つを体験しました。

201406255.jpg

その後、修道院に見学(彼らは祈りに)に行きました。
男性だけの修道院だそうですが、周りを小高い山々に囲まれ、花々が咲き乱れ、そこにいるだけで清々しい気持ちになるのは私だけではない気がします。

201406256.jpg

201406253.jpg


201406254.jpg

201406257.jpg

201406252.jpg


( 2014/06/27 20:31 ) Category イベント | TB(0) | CM(0)

假谷崎省吾の世界~デモンストレーション in ルーマニア~ 

ボタニカルガーデンでのワークショップを終え、その日の夜はいよいよデモンストレーションです。
会場はお客様で満席となりました。

1.jpg
デモンストレーション会場であるロマナ・アメリカン大学ホール

201410046.jpg

2

20141004.jpg

共演するピアニストは世界で活躍するトマ・ポポヴィッチ氏です。
彼の演奏するモーツァルトの丸いなめらかな音色には引き込まれ、その曲に即興で活けて行く假屋崎先生の花は優雅で凛とした主張をもちながらピアノの曲に寄り添う作品でした。

201410047.jpg

201410043.jpg

201410045.jpg

201410048.jpg

201410049.jpg

2014100410.jpg


2014100411.jpg

2014100412.jpg

彼の演奏する曲に合わせ、5作品を舞台上に活けた後、アンコールに「踊り明かそう!」をお二人で連弾して終了しました。動画はこちら


201410044.jpg

2014100413.jpg

最後は聴衆全員のスタンディングオベーション!!

201410041.jpg
終演後、大勢のお客様に囲まれる假谷崎先生


201410042.jpg
サインと写真攻めに

第1回目のルーマニアイベントは大成功のうちに幕を閉じました。

( 2014/06/25 17:09 ) Category イベント | TB(0) | CM(0)

ワークショップ パート2 

ルーマニアは日本と同じ四季があるのですが、梅雨はありません。
また、温度は高くても湿度がないので、とても清々しいのです。
それでも半日中、広いボタニカルガーデンを枝を切りに走り回ったり、テレビクルーと一緒に動いたりと、熱中症になりそうなくらいの快晴でした。

wショップ3

wショップ2

そして迎えた本番、生け花大好きなルーマニア人11名が、ワークショップに挑みました。

wショップ4

假屋崎先生は一人一人の作品に手を加え、アドバイスをし、記念写真と大サービスです。

wショップ6

wショップ8

wショップ7

wショップ9

wショップ11

wショップ12

wショップ12 (2)

wショップ13

wショップ14

参加者の中に男性が一名混じっていたのですが、とても素晴らしい作品に先生は大喜びでした。
彼がボタニカルガーデンで切ってきたもみじをたいそう気にいられ、ガーデンのどこで切ったの?
と問われ、その場所に先生を案内することに。
その夜おこなわれたデモンストレーションには、そのもみじの枝が素晴らしく美しく飾られていました。

wショップ5

ワークショップを終えて、テレビインタビューはボタニカルガーデンを歩きながらおこなわれました。

iインタビュー2

インタビュー1


終了
終了後、参加者全員で記念撮影



( 2014/06/25 11:20 ) Category イベント | TB(0) | CM(0)

ワークショップ パート1 

さあ!いよいよ1年かけて企画してきたイベントの本番です。
ワークショップはボタニカルガーデンという、野鳥もさえずる、緑豊かな植物園で行われます。
実はルーマニアで開催するワークショップとデモンストレーションで使う枝ものは、ボタニカルガーデンから好きなだけ切ってよろしいと許可が下りているのです。

ボタニカルG
ボタニカルガーデンゲート


そこでの開催は何としても晴れてもらわなければならず、天気予報とにらめっこ。
ルーマニアの友人たちには、晴れ女(男)、雨女(男)の話をし、嶋田は晴れ女だから必ず晴れる!!
と豪語するのですが、假屋崎先生のスタッフは大雨男だということ・・・。
二人でどちらのパワーが強いか、競争です!

そして・・・  迎えた当日は快晴!!!
ルーマニアの友達やボタニカルガーデンのスタッフ、みんなから嶋田の晴れ女が勝ちましたね!!
と褒めて(?)もらいました。

ボタニカルG9

ワークショップが始まる前に、ボランティアスタッフと一緒に、本番で使う枝や草花を切りに行きました。

ボタニカルG8

あれもこれもと、切った枝や草花は水を張ったバケツに入れられますが、その量は多くて重たいので、少したまるとボランティアの一人が会場に運んで、またバケツを持ってくる。という作業を繰り返しました。

ボタニカルG5

ボタニカルG4

ボタニカルG6

ボタニカルG2

ボランティアスタッフは、ロマナ・アメリカン大学の学生です。

ボタニカルG1

途中、なっている実を食べたり、四つ葉のクローバーを探したり、それはそれは楽しいものでした。

ボタニカルG7

パート2につづく・・・
( 2014/06/25 09:25 ) Category イベント | TB(0) | CM(0)

ルーマニア伝統料理店 “ヴァトラ” 

海外での楽しみの一つは、その地の美味しいお食事ですよね。
短い間ルーマニア滞在中に、假谷崎先生を何処へお連れしようかしら???
と楽しみながら考えていました。

その内の一つが “ヴァトラ”。

バトラ2

バトラ1

以前より度々訪れていたお店でしたが、今はガイドブックにも掲載される程有名なお店になっています!
ここでは伝統的なルーマニア料理を味わうことができ、更にはルーマニアのダンスまで披露してくれるのです♪

バトラ4

バトラ5

假谷崎先生も側に行って写真を撮るなど、美味しいお食事とともに、ルーマニア尽くしのこのお店を楽しんでいらっしゃいました。

バトラ3

今回は空が明るい時間帯に訪れましたが、夜になると美しい外観に照明が灯りとても素敵です。
みなさんも、ルーマニアに訪れた際は、是非お立ち寄りください。

バトラ


( 2014/06/24 23:35 ) Category イベント | TB(0) | CM(0)

ルーマニアへ 

2014年6月19日、ルーマニアでのイベント開催のため、假屋崎省吾先生と一緒に成田を出発。
乗り換え地イスタンブールで先生はブルガリアへ、そして嶋田は一足先にルーマニア入りし、準備と今後の協会の活動にために数日間を使いながら、先生の到着をルーマニアの皆様と首を長くして待っておりました。

ブカレスト到着
ブカレスト到着


ロマナ・アメリカン大学全員
ロマナ・アメリカン大学のみなさんと


先生が到着される前に、ルーマニア国立銀行へご挨拶、歴史博物館でのインタビュー、スポンサーのトヨタルーマニアへのご挨拶、ワークショップの会場となるボタニカルガーデン、花市場のチェック、そして、今回のイベント全てを取り仕切ってくださった、ロマナ・アメリカン大学とロマノ・ニッポン文化協会「友達」との毎日のミーティング。と、イベントが開催される前に大きな仕事がたくさん待っていました。

TOYOTA(4).jpg
スポンサーのトヨタルーマニアへ


TOYOTA(1).jpg

TOYOTA(3).jpg

ルーマニアに初めて降りたった假屋崎省吾先生のお迎えの車は、スポンサーのトヨタルーマニアが用意してくださったレクサスとプリウスです。

TOYOTA(6).jpg

空港から6月25日のイベント会場となるロマナ・アメリカン大学のホールをご覧になった後、花市場へ直行。
予約をしてもらっていた花を確認し、花市場の数々の花に囲まれてやっとほっとされたご様子でした。

ロマナ・アメリカン大学到着
ロマナ・アメリカン大学

花市場3
花市場へ


花市場
色とりどりの美しいルーマニアの花


花市場にて
花に囲まれて記念撮影


その後は駐ルーマニア日本大使館の表敬訪問。
山本大使始めとする大使館員の皆様に暖かく迎えて頂き、明日のイベントに大使のご挨拶を頂けることになりました。

大使と全員
駐ルーマニア日本大使館にて


大使と先生
假谷崎先生と山本大使


先生の行動力は素晴らしく、寸暇を惜しんでの観光見物は、ペンタゴンに次いで世界第2位の建造物、「国民の館」や市内観光に車を走らせます。

国民の館
国民の館の前で


軍人会館
軍人会館


軍人会館2
軍人会館


一息ついたのはヴァトラでのディナー。ここはルーマニアの伝統料理とダンスが有名です。
一日目の夜を大変満喫していただいたようです。


( 2014/06/24 10:43 ) Category イベント | TB(0) | CM(0)

スポンサー JTI 

ルーマニアの日本たばこは、ルーマニアで開催される多くの文化イベントのスポンサーとなっています。
今回の假屋崎省吾先生のイベントにも快くスポンサートなっていただけました。

JTIアリーナ

この写真は以前、2月から3月にかけてルーマニアを訪れ、JTIを訪問した時の写真です。
アリーナさんは私の大好きなルーマニアの友人の一人です。
いつもニコニコ、イベントの成功を見守ってくれます。

JTIアリーナ2

3月1日はマルティ・ショールと言って春を祝う日です。
その日は女性はどこへいっても、赤と白のリボンをかけたプレゼントをもらいます。
JTIからも赤いジョウロに花を活け、赤と白のリボンで結んだものをプレゼントしてもらいました。
このジョウロは今でも宝物です。

( 2014/06/23 18:25 ) Category イベント | TB(0) | CM(0)

花市場へ 

イベント当日の朝は、ルーマニア オトペニ空港にて假屋崎省吾先生御一行をお迎えし、
その足で会場となるロマナ・アメリカン大学へ直行!!

花市場7

会場に貼られたポスターに思わずニッコリ!

花市場8

休む間も無く今度は花市場へ。

花市場1

花市場2

花市場4

花市場3

花市場4

たくさんの花々に囲まれて、 嬉しそうな先生を見ることができ、ホッとしていま す。

花市場6

先生の頭の中にも、本日のワークショップ、そしてデモンストレーションのイメージが
しっかりと出来上がったようです❁✿❀✾

( 2014/06/23 14:20 ) Category イベント | TB(0) | CM(0)

ルーマニアにて ホッとひと息! 

ホッとひと息!
なぜレモネードなのでしょうか?

16.jpg

ルーマニアのレモネードはとても美味しく、また、各お店毎に作り方が違っているのです。
過去のルーマニア旅行に参加したアーティストたちは、レモネード白書が書けるほど♪
ひと息入れて、レモネードを飲んでいます。

( 2014/06/22 10:53 ) Category イベント | TB(0) | CM(0)

ルーマニア国立ラジオ局にて取材を受けました 

本日はルーマニア国立ラジオ局にて、25日に開催される假屋崎省吾先生のイベントの取材を受けました。
なんとそのインタビュー会場は、初めてルーマニアで演奏会を開いた思い出深い建物でした。

13.jpg

10402862_525315154261807_2345502832131247563_n.jpg

ここは、今やテノール歌手として二期会の定期公演の主役をはる、大澤一彰さんのルーマニアデビュー会場。
懐かしさと、10年の重みを改めて感じています。

12.jpg

インタビュー終了後、“今年の演奏旅行でも是非立ち寄ってください、正式な招待状をお送りします”
とおっしゃってくださいました。

11.jpg

秋の演奏旅行の楽しみがまたひとつ増えました。



( 2014/06/21 17:56 ) Category イベント | TB(0) | CM(0)

ルーマニア国立銀行へ行ってまいりました 

今年のルーマニア国際音楽コンクールの審査員としてお招きしているナポレオン・ポップ氏を訪問のため、ルーマニア国立銀行へ行ってまいりました。
25日に開催される假屋崎省吾先生のイベントと協会の活動をお話して、今後もルーマニア国立銀行からのリレーションシップを約束して頂いた素晴らしい記念の一日でした。
ルーマニア国立銀行には9人のボードメンバーがおり、ポップ氏はその中の一人。

3.jpg

会談後、ボードメンバーが会議をする部屋にて記念撮影。

そして会議室の隣にはたくさんの部屋が連なります。
日本の銀行には無い豪華な内装でした。

7.jpg

6.jpg

8.jpg

銀行内にある図書館。経済書と歴史書がほとんどとのこと。
残念ながら誰でも入館できるというわけではないそうです。

9.jpg

4.jpg

こちらは今年11月にルーマニア演奏旅行に行くアーティストが演奏する銀行のホール外観。

10472971_525265037600152_675294439_n.jpg

まるでお城です!! ピアノはスタインウェイがあります。

10466719_525300664263256_842429591_n.jpg

演奏会終了後はこちらでパーティがおこなわれます。
床にもルーマニア国立銀行のロゴマーク。
ボードメンバーの部屋にあった調度品は全てロゴ入りの特注品です。

14.jpg

入り口のセキュリティは厳重です。

15.jpg

11月の演奏旅行が今からとても楽しみです。
( 2014/06/21 17:09 ) Category イベント | TB(0) | CM(0)

トヨタルーマニア 

假屋崎先生のイベントのために、先生と一緒に飛行機に乗った嶋田は
乗り換え地イスタンブールにてブルガリアに行く先生と一旦別れ、
一足先に準備のためルーマニアへ向かいました。

会場・花市場・ボタニカルガーデンなどの下見を先にして、準備完了の下、
先生を迎えるためです。
その4日間はイベントの準備の他、幸いにも協会の今後につながる企業や
友人たちに会う時間をも提供してくれました。

TOYOTA(4).jpg

ルーマニアは、たくさんの日本の自動車会社や自動車の部品会社が進出しています。
トヨタルーマニアもそのうちの一つで、今回のイベントのスポンサーとなって頂けました。
そこで、表敬訪問と称して、トヨタルーマニアにご挨拶に行ってまいりました。

TOYOTA(6).jpg

トヨタルーマニアがある周辺には、HONDA、 Audi、Hzundai、Volvo、Peugeotなど、
たくさんの自動車会社がひしめいています。
そんな数ある中でも “日本のトヨタは最高!!” と、勤務されている社員の方々は
『トヨタで働く』 というプライドをもっているようでした。

TOYOTA(3).jpg

TOYOTA(2).jpg

TOYOTA(1).jpg

今回のイベントにはトヨタレクサスとプリウスを2台ルーマニア滞在中は運転手付で
送迎をしてくださいました。

TOYOTA8.jpg
TOYOTA9.jpg

乗り心地抜群でした!!

( 2014/06/21 15:09 ) Category イベント | TB(0) | CM(0)

「ピアニストが語る」焦元溥 

焦元溥の書いた
「ピアニストが語る」(アルファベータ出版)
を嶋田の友人 森岡葉さんが翻訳し、この度、
日本で発売されました。


ピアニストが語る!


この興味深いインタビュー記事に出会った彼女は
自身のブログで紹介をしていた所、大きな反響があり、
出版に至ったということです。


トップからポゴレリチのインタビューという、
音楽に関わる者にとっては、とても興味深いこと
請け合いです。ぜひ、手に取ってご覧ください。


以下、本文から

若くして有名になることの利点は
名声を芸術への貢献に
使うことができることにあり、
それに尽きるということです。
人生は闘いばかりで、
私は永遠に自分の芸術のために
奮戦しています。
       ―――イーヴォ・ポゴレリチ



2007年には、ピアニスト フー・ツォンのことを書いた
「望郷のマズルカ」も出版されています。
こちらもぜひ、手にとってごらんください。


望郷のマズルカ
( 2014/06/12 20:00 ) Category スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

虎ノ門ヒルズOPEN 

昨日11日、日本ルーマニア音楽協会が拠点を置いている虎ノ門に、ついに「虎ノ門ヒルズ」がオープンしました。



toranomon



虎ノ門では、「未来の東京は、ここからはじまる。」というプランのもと、22世紀の東京を見据えた街作りが行われています。



環状2号線が開通しアジアヘッドクォーター特区に位置する虎ノ門は、自由な空気とアイディアに満ちあふれ、次々とイノベーションが生まれてくる。 そんな、東京でもっとも未来に開かれた街になっていっています。



日本ルーマニア音楽協会もこの虎ノ門にあって、未来を見据えた若い芸術家の育成に今後も力を注いでいくと共に、虎ノ門という未来に開かれた街の発展に貢献していきたいと考えています。
( 2014/06/12 19:47 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

『福島の子供たちの絵画展』 in ルーマニア大使館 

2011年東日本大震災の際、駐日ル日本大使館よりルーマニアの子どもたちからの600枚にもおよぶ絵画が届いたことに感謝をこめて、少し落ち着いてきた今年から福島大学が中心となり、お礼の絵画が集められました。

201405大使館外観
駐日ルーマニア大使館

201405大使館6

この絵画がルーマニアへ送られる前に、東京の皆様にもこの草の根外交を知っていただきたいと
ルーマニア大使館で絵画展が開催されました。

大使館絵画

大使館絵画2

遥かルーマニアから絵画が届いた時は大変驚かれたそうですが、これがきっかけとなりルーマニアとの交流が生まれ、明るい光となったそうです。

ルーマニアはいつも、日本を向いていることをもっと日本の皆様に知っていただきたいと思います。

201405大使館5
シェルバン大使と

201405大使館
ヴォイネァ大臣

10390300_761220857242197_2819401404053243356_n.jpg
日本ルーマニア友好議員連盟会長を務める谷垣法務大臣


( 2014/06/07 17:12 ) Category イベント | TB(0) | CM(0)

『LIVE! in Tableaux Lounge Vol.4』 が終了いたしました♪ 

第4回は、若きチェリスト上野通明さんが登場いたしました!!

ルーマニア国際音楽コンクールで第1位に輝いた時はまだ幼さが残る中学3年生でした。
あれから4年、大学1年生となった現在も、この最年少入賞記録は破られることはありません。

201405ueno1.jpg

めきめき実力を発揮し成長していく姿と、その素晴らしい演奏を聴くことができるのは、コンクールを主催している私共にとりまして、大変な喜びでもあります。

プログラムはバッハ「無伴奏チェロ組曲第2番」から始まり、シューマン、そして黛敏郎作曲「文楽」では日本の伝統芸能をチェロの音や演奏方法によって醸し出す素晴らしい演奏でした。
休憩後はドビュッシーと、自身が大好きなブラームスの「チェロソナタ第2番ヘ長調」で 締めくくり、ご来場いただいた大勢のお客様は大満足の様子でした。

201405ueno2.jpg
終演後、安宅薫さん(ピアノ)と


来月7月31日にはサントリーホールにてコンチェルト(大友直人指揮)が控えています。
『フレッシュ名曲コンサート 第23回 Kissポートクラシックコンサート』
是非皆で聴きに行きましょう!!

201405ueno4.jpg

早速、タブローズで聴いてくださったお客様からお申込みがありました♪
ありがとうございます!


( 2014/06/06 16:11 ) Category コンサート | TB(0) | CM(0)

『第1回代官山ジュニア音楽コンクール ガラコンサート』 開催♪♫  

2014年5月24日 『第一回代官山ジュニア音楽コンクール ガラコンサート』が開催されました。
入賞者7名の、才能溢れる輝かしい演奏を、場内のみなさまにお届けできたことと思います。

04251.jpg

Image140607112428-000.jpgImage-000.jpg
渋谷区 桑原敏武区長よりお言葉を頂戴いたしました

04253.jpg
最優秀賞 C-1 弦楽器部門 金賞 深川奏さん

04252.jpg
A-1 ピアノソロ部門 銀賞 寺田誠司さん

04254.jpg
C-1 弦楽器部門 銅賞 西川奈那さん

04255.jpg
A-2 ピアノソロ部門 銀賞 野原蘭さん

04256.jpg
A-2 ピアノソロ部門 銅賞 石田紗弓さん

04257.jpg
C-2 弦楽器部門 銀賞 石塚万菜さん

04258.jpg
D-3 管楽器部門 銀賞 鈴木歩実さん

04250.jpg
演奏後には一人一人インタビューをさせていただきました♪

04259.jpg
代官山ジュニア音楽コンクール実行委員会会長 嶋田和子による挨拶

042511.jpg
ゲスト演奏:中野花瑛さん(ヴァイオリン) 江澤茂敏さん(ピアノ)

042512.jpg
ゲスト演奏:山川寛子さん(サクソフォン) 太田翔子さん(ピアノ)


これからも、この若き音楽家の卵たちの成長を見守っていきたいと思います。

そして次回、『第2回代官山ジュニア音楽コンクール』は、2015年3月30日(月)、31日(火)に開催が決定いたしました!!
詳細は追って掲載させていただきます。
みなさまのご参加をお待ちしております。

代官山ジュニア音楽コンクール実行委員会



( 2014/06/01 00:37 ) Category コンサート | TB(0) | CM(0)