日本ルーマニア音楽協会からの情報やメッセージ、音楽やルーマニアに関する楽しい知識などをお届けします。

二つの素敵な展示会 @日本橋三越 

日本橋三越にて、二つの素敵な展示会がありました。

一つは、毎年恒例になっている、假屋崎省吾先生の展覧会


karii1.jpg


日本橋三越前駅から三越まで、至るところに假屋崎先生のポスターが貼られ、その豪華絢爛なポスターは地下道を歩く人の目を惹きます。


karii2_20150728212701038.jpg


会場前には多くの方々からのお花が飾られ、交友関係の広さを物語っていました。


karii2.jpg


先生の作品は撮影禁止で皆様にお見せすることは出来ないので、今回は素敵なグッズを紹介します。

まずは、会長嶋田の大好きなルピシアのローズティー。
茶葉の中には、たっぷりの薔薇の花びら!
とても華やかな紅茶の香りを楽しめます。


karii8.jpg


佐藤専務が「それより美味しいバラのジュースを推薦します。」とおっしゃるので、こちらもご紹介します!


karii3.jpg


18箱入りと重たいので、協会事務所に送ってもらうことにしました。
届くのが楽しみです。お味は追って皆様にご報告します!


karii6.jpg


他にも先生の演奏ピアノCDから、先生デザインの花器たち、フリーズドライの鮮やかな薔薇、お花の刺繍のハンカチまで
先生の力作ぞろいです。


karii5.jpg


karii9.jpg


karii7.jpg


大きな作品の余韻にしたりながら、ティータイムに頂く薔薇の紅茶を頂きましょう!


karii4.jpg


【假屋崎省吾の世界展】
日本橋三越本店 新館7階ギャラリー
7月22日(水)~8月3日(月)
一般・大学生800円、高校・中学生600円(税込・小学生以下無料)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そしてもう一つは、ルーマニアの伝統的なマクラメ手法のアクセサリーからケープなど、ルーマニアが誇る素晴らしい手芸作品の展示会です。


こちらも毎年恒例の三越での展示販売会。
ルーマニアからマクラメ制作マイスター、ニクリナ女史が来日。


raku1.jpg
ニクリナ女史


raku5.jpg


実演しながら販売しており、体験も出来るようです。


raku3.jpg


raku4.jpg


raku6.jpg


多くのお得意様が毎年訪れて、新作を求めてくださるので、新しいデザインを考えるのが楽しみでもあり、大変でもあると
、オーナー兼デザイナーの天本さんはおっしゃっていました。


raku2.jpg


福岡在住の彼女もルーマニアに恋した一人で、嶋田とは長い付き合いです。
日本橋三越での展示販売会は7月28日で終了ですが、
次の日からは梅田だそうなので、お近くの皆様是非是非!覗いてみてください。

Amiina(アミーナ】展示会
うめだ阪急10階スーク 南街区パーク2
7月29日(水)~8月4日(火)


スポンサーサイト
( 2015/07/28 21:57 ) Category イベント | TB(0) | CM(0)

ルーマニアファッション 

ルーマニアのファッションブランド7社が勢揃いし、日本のバイヤー、プレスの方々に紹介するイベントが、ルーマニア大使館にて開催されました。


wwe1.jpg


wwe2.jpg


当協会会長の嶋田も、ルーマニアに行く度にごっそり?購入してくるほど、素敵なデザインの洋服が本当にたくさんあるのです!


wwe3.jpg


wwe4.jpg


いつもの大使館とは違い、モダンな雰囲気です!!


wwe5.jpg


wwe7.jpg


wwe8.jpg


今回の催しでも、ルーマニアらしいカッティングや刺繍の施された素敵なドレスやブラウスが展示されていました。


wwe6.jpg


wwe14.jpg


試着OKということで、皆さん楽しそうにあれこれ着られていました。


wwe12.jpg


wwe13.jpg


同行した友人は1着お買い上げ!


wwe16.jpg
ドレスのデザイナー(右)


胸元には幾何学模様に凹凸が浮き出ているシンプル・モダンなドレスです。


we10.jpg
ルーマニアファッション協会代表


wwe9.jpg
日欧産業協力センターのアリス氏と主催者側の松本氏


wwe11.jpg
デザイナーの一人と


ルーマニアファッションに、少しは興味を持っていただけましたか??




( 2015/07/28 20:31 ) Category イベント | TB(0) | CM(0)

横浜美術館へ 

昨日、横浜美術館の足立様にご招待頂き、「蔡國強展:帰去来」のオープニングセレモニーに伺ってまいりました。


yokohama.jpg


yokohama3.jpg


葵國強氏と言えば、2008年の北京オリンピック・パラリンピック開会式・閉会式で視覚特効芸術監督を務め、一躍有名になった福建省出身のアーティストです。
彼の火薬を使った技法は、誰もが真似出来ない素晴らしい芸術作品です。


yokohama6.jpg

蔡國強
Cai Guo-Qiang ( b.1957, Quanzhou, Fujian Province, China ).
1957年、中国福建省泉州市生まれ、ニューヨーク在住。
上海戯劇学院で舞台美術を学んだ後、1986年末から1995年まで日本に滞在、筑波大学で学ぶ。
1995年以降はニューヨークを拠点に活動。


今回の展覧会に際しても、横浜美術館内で実際に火薬を爆発させて描いた作品が、入口正面に飾られています。
美術館内で火薬を使ったことはもちろん初めて許可された事であり、花火師を始め多くの方々のご協力があってのことだそうです。


yokohama4.jpg


式典は、逢坂館長のご挨拶から始まり、林横浜市長、中華人民共和国大使館から陳参事官(文化担当)のここまでに至る熱き思いが語られました。


yokohama5.jpg


ニューヨークから来日された葵國強氏からも、開催の喜びそして火薬を美術館内で爆発させ作品が出来上がったことなど、感謝の言葉が述べられました。


unnamed_201507111451514bf.jpg


その作品の制作過程は、展覧会会場の一室で映像で見ることが出来るようになっています。
火薬の爆発と聞いていても、その瞬間の映像は想像の範囲を超えて、凄い爆発音と火の粉を消す姿に思わず声をあげてしまいます。


yokohama1.jpg



そしてもうひとつの見所がこちら!!
2006年にベルリンで発表され、グッゲンハイム美術館(ニューヨーク、ビルバオ)、クイーンズランド州立美術館(ブリスベン)、上海当代芸術博物館(上海)などで話題をさらった「壁撞き(かべつき)」が、本展にて日本初公開です!!


ookami.jpg
画像は横浜美術館オフィシャルサイトより


等身大のオオカミのレプリカ99体で構成される全長約40メートルの作品です。
狼たちはガラスの壁に当たって落下するものの、立ち上がり群れの後ろについて何度でも壁に向かって挑みかかります。


ookami3.jpg


画像では迫力と素晴しさを伝えきれないのが残念です。
こちらは是非是非!実物をご覧頂きたい作品です。


ookami2.jpg


「蔡國強展:帰去来」は、本日7/11(土)より開幕です!
会期:7月11日(土)~10月18日(日) 10:00~18:00
木曜休館

「蔡國強展:帰去来」の魅力を90秒にまとめたOfficial Movieがこちらよりご覧頂けます。
映像を通じて「蔡國強展:帰去来」の世界を感じてください。



( 2015/07/11 15:10 ) Category イベント | TB(0) | CM(0)

モーツァルト尽くし!? 

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトといえば、あまりにも有名な音楽家ですよね♪
私達スタッフも、音楽を志す者として尊敬する大作曲家のひとりです。

そんなモーツァルトラベルのワインを、ピアニストの川口兄弟が、パリ・エコール・ノルマル音楽院留学から帰国した際、協会事務所にお持ちくださいました。


WINE3 (2)


音楽家にはたまらない、素敵なラベルです!


WINE3 (1)


彼らが帰国してから随分経ちますが、本日いよいよコルクを抜かせていただきました!
甘めのとっても飲みやすいデザートワインでした♪

帰国してからも大活躍の川口兄弟ですが、オフィシャルサイトをOPENしたそうです。
こちら よりご覧ください。


WINE2.jpg


そしてこちらもモーツァルト!
こちらの送り主は、先日開催された『チャイコフスキー国際コンクール』でも活躍された上野通明君からのウィーン土産です。


motu2.jpg


嶋田の勲章受章パーティーにお持ちくださいました。
綺麗ですよね!実物はもっと輝いています☆



そして、またまた川口兄弟からの贈り物。


Cookie.jpg


ドイツ語が書かれた美しい包みを開けると・・・


Cookie1.jpg


ぎっしりと詰め込まれた、美味しそうなクッキーが登場しました!
あまりの美味しさに販売店を調べたところ、なんと協会事務所から徒歩圏内のTsukkabekkarai kayanumaさんというお店でした♪
オーストリア国家公認の日本人マイスターのお店ということで、 日本にいながらオーストリアの伝統的な味が堪能できるそうです。

旅行したウィーンを思い出しながら、スタッフみんなで頂きました。


( 2015/07/04 15:35 ) Category スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)