日本ルーマニア音楽協会からの情報やメッセージ、音楽やルーマニアに関する楽しい知識などをお届けします。

中国大使館へ 

先日、12月10日に開催される日本ルーマニア音楽協会主催「World Music Festa 2016にご参加頂ける駐日中国大使館から大使館内で開催される映画会にご招待頂きました。
10月に訪問した際は、いつもお世話になっている陳諍参事官が中国に帰国中のため、欧陽安一等書記官と栄蓉三等書記官がにこやかに迎えてくださいました。

201611301.jpg 
中国大使館の塀

201611302.jpg


今回の映画タイトルは「真愛」といい、新疆(しんきょう)ウィグルの自治区の映画でした。

201611303.jpg 

自分たちの子どもだけでも苦しい家計の中、孤児を引き取り19人にも増えた子どもたちと貧しいながら希望を持って生きていく物語です。

201611304.jpg

こんなアニパ(お母さん)になれたら、と思いつつも、物が溢れている東京でこのような生活をするには余りにも誘惑が多すぎます。本来の人間愛に涙する感動場面がたくさんある素晴らしい映画でした。

カンヌ映画祭で賞を取ったルーマニア映画「トレジャー  オトナタチの贈り物」を紹介した後、東京国際映画祭観客賞受賞のフィリピン映画「ダイ・ビューティフル」そしてまたまた今年の2016年 第69回カンヌ映画祭 監督賞受賞作はルーマニアの映画『 エリザのために』で、1月28日から日本で上映されます。

graduation_01.jpg 

最近は、なぜか映画付いている嶋田ですが、各国の文化を楽しんでいます。


スポンサーサイト
( 2016/11/30 23:47 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

駐日モルドバ共和国大使館へ 

来月10日に開催する『World Music Festa 2016』の準備に明け暮れる毎日ですが、先日は参加してくださる駐日モルドバ共和国大使館に伺い、ヴァシレ・ブマコフ大使にモルドバ共和国についてお話を伺ってきました。


モルドバ11231

ヴァシレ・ブマコフ大使


Flag.png

モルドバ共和国 国旗



モルドバ共和国は、東ヨーロッパの黒海の西に位置し、ルーマニアとウクライナに挟まれた国です。


jpm_europe.jpg 



この夏に開催された「第6回ルーマニア展」のオープニング、そして「第12回ルーマニア国際音楽コンクール」表彰式にもご列席くださった大変友好的な大使とお話が弾みました。

ルーマニアの隣国であり、ルーマニア語も話すモルドバ共和国の、奥の深い歴史や独自の文化を紹介出来るよう準備を進めています。



IMG_7523_20161123171259641.jpg 

ルーマニア展オープニング


20160911133634c91_20161123171858ad2.jpg 

ルーマニア国際音楽コンクール表彰式



最後に、「モルドバ共和国を紹介してくれてありがとう!」と、モルドバワインをプレセントしてくださいました。


モルドバ11232

モルドバ共和国の国章入りのワイン袋と共に


ワインの本場といえば、フランス、イタリア、ドイツが一般的ですが、その起源となっているのがモルドバです。世界最古のワイン生産地域の一つと言われている モルドバ共和国は、7000年前から自生した葡萄が存在し、紀元前3000年頃にはすでにワインの生産がおこなわれていたそうです。

コルクを抜くのが楽しみです♪





( 2016/11/23 17:42 ) Category イベント | TB(0) | CM(0)

重松彩乃さん「第8回 若いヴァイオリニストのためのルイ・シュポア国際音楽コンクール」特別賞受賞 

ルーマニア演奏旅行から帰国し、数日後にはコンクールのためドイツに渡った重松彩乃さん(ルーマニア国際音楽コンクール弦楽器部門第2位・ルーマニア大使館賞)が、素晴らしい成績を収め帰国されました。
ルーマニア演奏旅行先からそのままドイツに入国した方が早いのでは?と、みなさんお考えになるかと思いますが、“学校の単位のために僅かな時間をも惜しみ日本に戻る” という重松さん。本業を忘れない姿に嬉しく思いました。

201611231.png

重松さんは、ドイツのワイマールで開催された「第8回若いヴァイオリニストのためのルイ・シュポア国際音楽コンクール」で、二次予選の課題(1950年以降に作曲された無伴奏作品)で演奏旅行でも演奏した三善晃作曲“ヴァイオリンのための鏡”を演奏し、特別賞「the best interpretation of a work composed after 1950」を受賞しました。

201611230.png
international louis spohr competition for young violinists公式HPより

HfM-02208_01_fe4c4eb516.jpg
公式HPより

Spohr_Preistraeger_Foto_Maik_Schuck_01_13462c9ebc.jpg
公式HPより

ファイナルではメンデルスゾーンのバイオリン協奏曲を、ワイマール・フランツリスト音楽大学オーケストラと演奏されたそうです。

20161123.jpg

これからの活躍が楽しみなアーティストです!!


( 2016/11/23 13:53 ) Category スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

港区議場コンサート 

昨日11月18日は、港区議場でのコンサートでした。

201611181.jpg

普段なかなか足を運ぶことのない議会場でのランチコンサートは、港区が “多くの区民の方々に議会に足を運んで欲しい”  “開かれた港区でありたい” との思いから開催することとなった、まだ始まったばかりのコンサートです。

20161118.jpg 
区長席

2016111812.jpg

演奏は、先月ルーマニア演奏旅行に同行したヴァイオリンの阪本玲歌さん(弦楽器部門第1位・ターキッシュラインズ賞)と、同じくヴァイオリンの重松彩乃さん(弦楽器部門第2位・ルーマニア大使館賞)、そして伴奏はピアニストとして大活躍されている小瀧俊治さんです。

2016111814.jpg 
阪本玲歌さん


2016111813.jpg 
重松彩乃さん


うかい雅彦港区議会議長も最後列よりご鑑賞。

15110915_713986705418500_7577116942719222959_o.jpg
港区議会facebookページより

2016111815.jpg

ピアニスト小瀧俊治さんのご友人、同じくピアニストの冨永彩子さんとバリトン井上雅人さんも駆けつけてくださいました。



2016111816.jpg 
嶋田、小瀧さん、うかい議長


港区民の皆様には、「ルーマニア国際音楽コンクールを聴きに行きましたよ!」「いつも素敵な音楽をありがとう!」とお声掛けいただき、嬉しいコンサートとなりました。



( 2016/11/19 13:45 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

東京北京国際交流協会主催のコンサートへ 

先日、12月10日「World Music Festa 2016」に参加して頂く中国大使館からのご紹介で、何度か東京北京国際交流協会が主催するコンサートにご招待され、楽しみに伺って参りました。

会場の後ろからチャイナドレスの女性たちが現れ、練り歩く姿がこれから始まるコンサートに期待を抱かされます。

201611142.jpg

 201611141.jpg 

201611143.jpg 

201611144.jpg 

二胡演奏、中国の有名なオペラ歌手に子どもたちも混じって、賑やかに華やかに、あっと言う間の2時間でした。

201611148.jpg 

201611146.jpg 

201611147.jpg 

201611149.jpg

2016111410.jpg

2016111412.jpg

2016111413.jpg

中国の方とみられる観客も私たち日本人も、国を超えて心から楽しめ、中国と日本は、もっと、もっと仲良くなれる、そんなコンサートでした。

2016111416.jpg 

2016111415.jpg 
終演後にみなさんと

2016111411.jpg 
お土産




( 2016/11/14 21:19 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

第29回東京国際映画祭へ 

第29回東京国際映画祭が10月25日~11月3日までTOHOシネマズ六本木ヒルズにて開催されました


第29回東京国際映画祭


第29回東京国際映画祭3


第29回東京国際映画祭2


世界中から集まった応募作品より厳選されたコンペティション16作品から、最終日10:20から観客賞が、14時にはクロージングセレモニーにて東京グランプリが決定しました。


第29回東京国際映画祭1


オープニングセレモニーに港区キスポート財団様からご招待頂き、観客賞の発表をLIVEで知ることが出来ました。


第29回東京国際映画祭4


コンペティション部門の観客賞は、フィリピン映画『ダイ・ビューティフル』が受賞。

美しく生きることを懸命に貫きながら、急死したトランスジェンダーのおかしくも哀しい生き方を、巧みなフラッシュバックを駆使して描く作品です。


Die Beautiful 

第29回東京国際映画祭HPより


監督は、「トランスジェンダーを扱った映画が本国でも、日本でもどのように受け取られるか疑問だったが、この受賞で自信が持てた。映画が言語、人種も関係なく、結束を強めてくれるものだと確信しました」と語った姿が印象的でした。

 ジュン・ロブレス・ラナ監督とエグゼクティブ・プロデューサーのペルシ・インタランが登壇し、トロフィー、花束が渡され、最後には法被を頂いて喜びの記念撮影となりました。


そして、グランプリは『ブルーム・オブ・イエスタディ』でした。


ブルーム・オブ・イエスタディ 

第29回東京国際映画祭HPより


日本を含め世界でヒットを記録した『4分間のピアニスト』(06)にて、獄中の天才ピアニスト少女と戦中の辛い記憶を抱える老女の交流を描いたC・クラウス監督が、今回もホロコーストというヘヴィーな題材を、ユーモアや恋愛を交えて鮮やかに語ってみせた作品です。


機会がありましたら是非ご覧になってください。





( 2016/11/14 19:41 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)