FC2ブログ

日本ルーマニア音楽協会からの情報やメッセージ、音楽やルーマニアに関する楽しい知識などをお届けします。

ICon Arts Summer seminar Vol.7 

シゲット・マルマツィエイ市から17km、バヤマレ市から55km、ブルサナ村の木の修道院に到着です!
教会は1720年に建て始められ、現在の姿が完成したのは1800年、二重の構造が特徴です。

2017073030.jpg
ビセリカが教会で、モネストリが修道院

2017073020.jpg

2017073033.jpg

2017073023.jpg

2017073026.jpg

私たちの想像をはるかに超えて、言葉には表せないほどの感動を与えてくれました。
広大な敷地に8ヶ所くらい木造の教会が建っています。ここで幸せを感じない人はいるのでしょうか?
美しすぎる景色に出会うと言葉も発せなくなります。

2017073037.jpg

2017073021.jpg

2017073031.jpg

2017073025.jpg

2017073022.jpg

2017073024.jpg

2017073027.jpg

2017073028.jpg

2017073029.jpg

2017073032.jpg

2017073035.jpg

2017073036.jpg

幸せをたっぷりもらって、セミナー会場に戻ります。

スポンサーサイト
( 2017/07/30 17:04 ) Category Summer seminar | TB(0) | CM(0)

ICon Arts Summer seminar Vol.6 

目的地である、マラムレシュの木造聖堂群に到着しました。

2017072937.jpg

教会は小高い丘の中腹にひっそりと佇んでいます。
時の流れが止まり、小さな出来事に左右される日本での生活が嘘のようです。

2017072938.jpg

2017072939.jpg

マラムレシュの木造聖堂群を見学した後は、次の目的地を目指して出発です!


その前に、お腹も空いてきたのでシゲット・マルマッツィエイ町で、ちょっと一休み。そこでルーマニア人一家と意気投合。彼らもヴァケーションでブカレストの南にある町から遊びに来たようです。

2017072936.jpg

早速恒例の写真撮影とfacebook友達申請が始まりました。上床さんも例年のルーマニア演奏旅行参加者たちに劣らず、帰国するまでの間に何人のルーマニア人と友達になるのでしょうか?

2017072935.jpg 


食事を終え、お土産やさんが並ぶ道を覗きながら歩くと、何とここは嶋田が訪れたかったルーマニア・マラムレシュ地方にあるサプンツァ村、世界一の「陽気なお墓」の直ぐ近くだったことが判明!ここのお墓は、それぞれ木製の墓標に青が基調のカラフルな図柄で、故人の生前の生活や死因が彫られている楽しく明るいお墓なのです。

2017073017.jpg

201707304.jpg

201707303.jpg
チケット売場

チケットを買っていると、「こんにちは」と日本語が聞こえてきます。ルーマニアの、ましては北の果てで私たち以外に日本語を話す人がいる?と振り向いた先に爽やかな日本人男性が立っていました。

201707301.jpg

お互いにびっくりしながら、ここで会えた必然を感ぜずにはいられません。一人海外を旅する医師の方でした。

201707302.jpg



201707307.jpg

2017073010.jpg

2017073011.jpg

2017073012.jpg

2017073013.jpg

2017073016.jpg

2017073015.jpg
教会

2017073014.jpg

201707308.jpg

201707305.jpg
教会の鐘

ゆっくりお墓を巡った後、次の目的地を目指して出発です!




( 2017/07/30 12:02 ) Category Summer seminar | TB(0) | CM(0)

ICon Arts Summer seminar Vol.5 

土曜日の午後からはホリデーです♪
菅野先生と日本から参加の生徒さんは、ハンガリーに留学していた時の先生を訪ねて出発!
中谷先生、マリンバ受講の上床さん、嶋田とスタッフの4人は、ルーマニアの北、マラムレシュ地方にある世界遺産の木の教会へ!
それぞれレンタカーで出発です。

ビエルタンを出発した嶋田組はまず、バヤ・マレを目指して北上します。
ルーマニアの地図を見ると、相当北に来たことが分かり、ウクライナとの国境がすぐそこです。

2017072920.jpg

 
2017072922.jpg
道中の風景

2017072923.jpg

休憩をしながら走ること約6時間。山を越えるので、明るいうちに着きたいと思っていましたが、夜は9時過ぎまで明るく、無事にバヤ・マレに着くことが出来ました。ネットで予約したホテルは、天井が高く、広々としたロビーとルーマニアがヨーロッパであることを感じさせる素敵なホテルでした。

2017072926.jpg

2017072929.jpg

2017072928.jpg
ホテルのロビー

2017072930.jpg

2017072924.jpg

2017072932.jpg

2017072933.jpg

2017072934.jpg

明日の観光はどこからどのように回ろうか?と、地図を眺めながらの相談です。もちろん世界遺産の「木の教会群」、嶋田が行きたい「愉快なお墓」そして、最後には国境を越えてウクライナに行こう!とルートを探しました。

2017072940.jpg 
ウクライナに入る所

2017072941.jpg
こちら側ルーマニア、橋を渡るとウクライナです

2017072942.jpg
ここからウクライナ

ウクライナ国境越え成功!

2017072943.jpg
国境の川

バイヤ・マーレからは1時間半程でウクライナの国境に着きました。ただ、レンタカーでの国境越えは書類がいるらしく、車でウクライナに入ることは出来ませんでした。その代わりに、国境の川にかかる橋を歩いてウクライナの地を踏むという貴重な体験をしました。綺麗な川にかかる木製の橋はいつの時代にかけられたのか?
こんな所にも長い歴史が感じられます。
橋を渡っただけで、言葉も風習も、そして民族も違う日本では考えることも出来ない出来事を体験しています。

2017072944.jpg

2017072946.jpg

2017072947.jpg

2017072945.jpg

2017072949.jpg

国境越えを体験した私たちは、次の目的地、一つ目の「木の教会」を目指して出発です!!

2017072931.jpg



( 2017/07/29 19:49 ) Category Summer seminar | TB(0) | CM(0)

ICon Arts Summer seminar Vol.4 

ルーマニア人のピアノのホリア・ミハイル先生は、ルーマニア国内はもとより、世界中で活躍しているピアニストです。昨年も来日されて素晴らしい演奏を聴かせてくれました。久々の再会です。彼のレッスンを受けたいために参加している参加者もいることでしょう。

201707291.jpg 
youtubeより

2017072159_20170723215830135.jpg 
ホリア・ミハイル先生のレッスン風景


パーカッションのレッスン風景も見学しました。パーカッションの先生は、日本から招聘された中谷孝哉先生とルーマニア人のアレクサンドル・アナスタシゥ先生です。

2017072162.jpg 
中谷孝哉先生のレッスン風景

201707292.jpg 
アレクサンドル・アナスタシゥ先生のレッスン風景

パーカッションのセミナーは、ピアノのセミナーが開かれているビエルタンという村から車で10分走った所にあるリチスという村で開かれています。マリンバ2台の他、ビブラフォン・スネアなどが各部屋に配置され、二人の先生に時間差でレッスンを受け、他の生徒は自主練習をしているようです。

201707293.jpg 

ランチやディナーをリチスで食べる時が多いのですが、絶えずマリンバの音が聴こえてきます。村が皆んなで応援しているように、あちらこちらの壁にIcon Arts のポスターが貼られています。

201707294.jpg

201707295.jpg

 
201707297.jpg

スタッフはお揃いのTシャツを着て、各セミナー会場でサポートしてくれます。
参加者たちも仲良くなってきたようです!

2017072910.jpg

201707298.jpg

201707296.jpg
 
201707299.jpg
 
2017072911.jpg 



( 2017/07/29 18:36 ) Category Summer seminar | TB(0) | CM(0)

ICon Arts Summer seminar Vol.3 

到着した日から、講師と生徒は完全に分けられ、また楽器によっても宿泊先が違っています。
日本から参加の生徒2人も私たちから完全隔離!今日一日は会わずじまいです。レッスンは、上手くいったかな?皆んなと仲良く出来たかな?と要らぬ心配がついて回りますが、夕方に「楽しくやってます!」とLINEが入り、まず第一段階はクリアです。

講師のランチは民家で嶋田の大好きなチョルバに牛肉の煮込み、取り立ての野菜のサラダなど。「全てバイオ!」と健康志向のルーマニアならではです。でも、カロリーは高いのは気にならないの?と思うほど、高カロリーの美味しいお料理です。

ランチを食べた近くの村でパーカッションのレッスンが行われています。明日はパーカッションのレッスンが見学出来るかな?

夜は、全講師とスタッフでの会食でした!
テーブルには、ルーマニアの伝統的な前菜が並び、メインはお肉や野菜の串刺し、デザートはアップルパイというフルコースに美味しいと言いながら、帰国するまでに何Kg太るのかしら?と思ってしまいます。


2017072140_2017072321581746d.jpg

2017072155.jpg

2017072156.jpg

2017072157.jpg

カラフルな建物が並びます。

2017072141_201707232158176eb.jpg


2017072158_2017072321582948d.jpg
Icon Artsのバナー

2017072159_20170723215830135.jpg

ホリア・ミハイル先生のレッスンの様子。

2017072160_20170723220059df5.jpg
レッスンに聴き入る生徒


リチスという街の音楽学校では、パーカッションのレッスンがおこなわれています♪

2017072161_20170723220100c03.jpg
リチスの音楽学校

2017072162.jpg
上床さんのレッスン

2017072163.jpg
レッスンを見学していた菅野先生も、マリンバのレッスンを受けています 笑

2017072144_201707232158183c6.jpg

初日に総勢30名(セミナー講師とスタッフ)で夕食をいただいたレストラン。

2017072145_201707232158196ff.jpg

2017072146_20170723215820522.jpg

2017072149_20170723215823c50.jpg

2017072147_2017072321582327f.jpg

2017072154.jpg 
朝食の様子

2017072164.jpg
ルーマニア風肉じゃが?とても美味しいです!


2017072166.jpg
バイオのトマト

2017072167.jpg
お料理を作ってくださるスタッフと

2017072165.jpg
コウノトリが3羽に!

2017072168.jpg
宿泊先であるペンションの部屋

2017072148.jpg 
ペンションの窓から見えるお庭

2017072169.jpg
ランチを食べたお家の一室でくつろぐ菅野先生


素晴らしい環境です♬♪♫



( 2017/07/23 22:20 ) Category Summer seminar | TB(0) | CM(0)

ICon Arts Summer seminar Vol.2 

長いフライトの後、オトペニ空港からは送迎のミニバスでシビウに一直線!

2017072120.jpg 

両側にに広がるとうもろこし畑とひまわり畑の中、私たちの乗ったミニバスは夏の日射しを受けひたすら走ります。

2017072121.jpg

途中、昼食を取るためにブラショフに立ち寄りました。

2017072125.jpg 

2017072126.jpg

2017072131.jpg

2017072130.jpg

2017072129.jpg

2017072122.jpg
レストラン

2017072123.jpg

海外に来たことだし、やっぱりテラスでランチ!と思いましたが、、、
日差しが強く差しこんできたため、思わず涼しい屋内の席へ移動!

2017072128.jpg

ルーマニアはやっぱりレモネード!でもここは、マンゴーレモネードです!

2017072127.jpg

何しろルーマニアはゆったりと時間が流れています。

2017072124.jpg



ビエルタンに着いた時は20時を過ぎていました。

2017072158.jpg 

2017072159.jpg

Icon Arts の事務所へ。

2017072160.jpg

ビエルタンは、ゴシック様式の要塞聖堂を持ち、「トランシルバニア地方の要塞聖堂のある村落群」としてユネスコの世界遺産に登録されています。

2017072132.jpg 
コウノトリ

2017072133.jpg

2017072161.jpg
宿泊するペンションの受付

2017072137.jpg
ペンションのレストラン

2017072139.jpg
夕食のメイン料理

2017072138.jpg
学生寮 生徒たちはここに泊まります


のどかで、見上げる夜空は満天の星空です!
主催のセバスチャン氏が勉強する環境に最適!と言っていたことが理解できます。

2017072151.jpg 

2017072150.jpg
音楽学校

2017072152.jpg

2017072153.jpg

音楽学校には日本の(株)カワイ楽器製作所様から協賛頂いたグランドピアノが鎮座しています。

2017072136.jpg 

ピアノの生徒は4人、日本からいらした菅野雅紀先生とルーマニアのホリア・ミハイル先生の授業を受けます。
日本からのもう一人の中谷孝哉先生の打楽器部門には11人の生徒がレッスンを受けています。

ビエルタンの街を中心に、70数名の生徒が近くの街に散らばっていて、まだ、全体把握ができていません。
それほど広範囲でセミナーが開催されています。生徒は70名強、先生は20名強、総勢100名のセミナーです。

2017072134.jpg 

今日はピアノのレッスンを見学しています。明日は、ほかの楽器を見学しに行きたいと思っています。

2017072135.jpg




( 2017/07/21 22:06 ) Category Summer seminar | TB(0) | CM(0)

ICon Arts Summer seminar Vol.1 

8月16日から「第13回ルーマニア国際音楽コンクール」が開催されます。
その準備に明け暮れる毎日ですが、実は嶋田は現在ルーマニアのシビウで開催しております、Icon Arts 主催のサマーセミナーに来ております。

IMG_1538_201609111206515f0.jpg

昨年のコンクールに審査員として来日したセバスチャン・ギョルギュ氏が、このサマーセミナー参加資格を上床直人さん(打楽器部門第2位)に与えてくださいました。

 icon-arts_seba-gheorghiu.jpg
セバスチャン・ギョルギュ氏 (Academia ICon Arts HPより)

一年は瞬く間に過ぎ、上床直人さんをはじめ、ピアノ受講者、中谷孝哉先生(打楽器)、菅野雅紀先生(ピアノ)とスタッフと共に現在シビウに滞在しております。
このサマーセミナーの様子を、皆様に随時ご報告してまいりたいと思います。


成田空港第2ターミナルで待ち合わせをした一行は21:25発のカタール航空で一路ドーハ経由ルーマニアに飛び立ち、無事に乗り継ぎ地ドーハに着きました。

201707219.jpg

2017072115.jpg

201707215.jpg

201707211.jpg 

2017072116.jpg

2017072114.jpg 

近未来都市の様相を醸し出すこの空港は、イスラム圏の女性が行き交う、異国漂う雰囲気です。
人間の身体を模型にした遊戯に大人たちも大はしゃぎ!
楽しい乗り継ぎ時間を過ごしています。

201707216.jpg

201707217.jpg

201707218.jpg

2017072110.jpg

2017072113.jpg

201707212.jpg

前回に行ったドーハ乗り継ぎは、4月の季節の良い時期でした。
今回、ドーハに着いて、飛行機から降りた瞬間の暑さ、というか、熱風というか、ミストシャワーを浴びているようです。
身体は瞬間にベトベト、触るもの全てが雫が滴ります!

201707213.jpg

やっと乗った飛行機は、冷気が湿気を帯びて、霧になってドライアイスの煙がおびただしい感じです。

201707214.jpg

飛び立つと、初めて見る砂漠の中の摩天楼が現れます。

2017072111.jpg

これから発展するであろう未来に向けての都市計画を感じさせる景色です。

2017072112.jpg

ここからは長い間砂漠のような大地が広がっていました。



( 2017/07/21 20:48 ) Category Summer seminar | TB(0) | CM(0)

児玉麻里さんのコンサートへ 

世界的ピアニスト、児玉麻里さんのコンサートに伺ってまいりました。

2017072016.jpg 

このコンサートは、假屋崎省吾先生の作品が舞台に飾られ、最後には児玉麻里さんと假屋崎省吾先生の連弾が聴けるという、大きなプレゼントもあるため、会員の皆様をお誘いし優雅な時間を過ごしてまいりました。

201707206.jpg 
ドウダンツツジで涼しげに

休憩時間は皆様が假屋崎先生の生花撮影です。

201707205.jpg
假屋崎先生の作品

素晴らしい演奏を聴き、先生のグッズを買い、サインをもらい、一緒に写真撮影し、皆様に大変喜んでいただけて良かったです!
なんと、来年は7月1日(日)に決定とお知らせがあり、「来年の手帳なんてない!」と言いながら、「来年も来る。来る。」と言っていただけました。

201707207.jpg 


201707208.jpg

201707209.jpg

2017072010.jpg

2017072011.jpg

2017072012.jpg

2017072013.jpg

2017072014.jpg

2017072015.jpg



( 2017/07/20 22:27 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

三原未紗子さんピアノリサイタルへ 

昨年開催した「第12回ルーマニア国際音楽コンクール」にて、ピアノ部門第1位を受賞した三原未紗子さんのピアノリサイタルにご招待いただきました。

201707204.jpg 

現在、ザルツブルク・モーツァルテウム大学に留学中の彼女は、昨年のコンクール入賞から更に一年の研鑽を積みあげた、素晴らしい演奏を披露してくれました。

201707203.jpg

最後のリストは全身全霊を捧げた熱演でした。音楽の殿堂、東京文化会館で演奏できるアーティストが生まれている幸せを感じていました。

201707202.jpg

多くの観客の中で、第8回グランプリのロー磨秀さん(ピアノ)、中高生の頃受けてくれた久保山菜摘さん(ピアノ)にも再会し、其々の成長を感じた嬉しい一日でした。

201707201.jpg
久保山さん、三原さん、ローさん


( 2017/07/20 22:05 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)