FC2ブログ

日本ルーマニア音楽協会からの情報やメッセージ、音楽やルーマニアに関する楽しい知識などをお届けします。

ルーマニア統合100周年記念イベント”ラテン書道作品展”オープニングセレモニー 

明日12月17日からルーマニア大使館で開催されるルーマニア統合100周年記念イベント ”ラテン書道作品展” のオープニングセレモニーにて、サクソフォン奏者山川寛子さん(第7回コンクール入賞)とピアノ田村真歩さんに、ルーマニアのコリンダ(クリスマスキャロル)を演奏して頂きました。

2018121601.jpg

2018121603.jpg

2018121604.jpg

2018121605.jpg

今回のイベントは、ラテン書道と日本語に訳されているLATIN CALLIGRAPHY を日本で教えているミュリエル・ガチーニ氏の優秀なる生徒さんの作品展です。
ヨーロッパの伝統を美しいアートを「書」で表すようです。

2018121610.jpg

プログラム
「数学者は数学をやる理由は、数学のことを綺麗で面白くて大切に思うからです。数学は数学者を動揺させ、深く考えさせ、夢を見ることをさせます。」
グレゴリ・モイシル
数学者、コンピューターの先駆者

2018121611.jpg

「美術には重複か。美しい物、つまり生きている物を見ると、一つの視点から一回だけ見れば十分にその物が理解できたと思う人間は哀れな人間だ。一輪の花さえも重複ではない。一筋の光さえ。何百万年もの歳月、太陽から来た光は唯一無二の光線だ。」
ニコラエ・グリゴレスク
画家。ルーマニア近代絵画のパイオニア

2018121612.jpg

ヨン=ルカ・カラジアーレ

「世界を知りたければ、間近に見ればいい。世界を愛したければ、遠くから見ればよい。」

2018121613.jpg

脚本家、短編小説家、詩人、政治評論家
彼の作品の特徴はユーモアと皮肉である。

2018121614.jpg
ルーマニアの国章

ルーマニア統合100周年のために、近代的なルーマニア国を築き上げるように貢献した人物の引用句を美しい作品にしてあります。

2018121607.jpg

2018121606.jpg
コゾナック

2018121615.jpg

2018121609.jpg

是非お出掛けください。


ルーマニア統合100周年記念イベント
~100年の歴史を伝える印象的な引用句のラテン書道作品展~

■日時:12月17日(月)~19日(水)
 10:00~13:00 、14:00~17:00
 (17日のみ14:00オープン)
■会場:在日ルーマニア大使館
 (東京都港区西麻布3-16-19)
■入場料:無料

スポンサーサイト
( 2018/12/16 14:23 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

第2回ルーマニア国際音楽コンクールJr版 赤坂ジュニア音楽コンクール入賞者披露演奏会が終了いたしました! 

ルーマニア大使館タティアナ特命全権大使に迎えられ始まった入賞者によるコンサートは、終始笑顔の和やかな雰囲気で行われました。

2018121201.jpg

2018121205.jpg

タティアナ特命全権大使から歓迎とおめでとう!のご挨拶を頂いた後、うかい雅彦港区区議にもお祝いのお言葉を頂きました。

2018121202.jpg
タティアナ特命全権大使

2018121208.jpg
うかい雅彦港区区議

2018121203.jpg

日本ルーマニア議員連盟会長逢沢一郎衆議院議員からもお祝いの電報を頂きました。

2018121204.jpg

コンサートのトップバッターで登場した山下明香里さんは、まだ幼稚園生です。一つ一つの仕草が可愛いらしく、会場全体が幸せに包まれた感じでした。

2018121211.jpg
山下明香里さん

会場にいらしていた同年齢のお子さんが思わず「私も出たい!」と言ったと、後日談を聞きました。

2018121212.jpg
山田優月さん

2018121213.jpg
皆川侑凛さん

2018121214.jpg
濱田紗瑛さん

2018121215.jpg
平良真美さん

2018121216.jpg
中村文治さん

2018121217.jpg
永井初奈さん

2018121207.jpg

その後続く入賞者たちもそれぞれの個性いっぱいに、見事な演奏を披露してくれました。
一曲終わるごとに拍手が鳴り止まず、観客の感嘆の声が聞こえてきます!
演奏技術の素晴らしさもあるのですが、主催者としては、全員楽しそうに、自分の演奏をしていることが一番嬉しく感動します!

2018121218.jpg
伊藤遼祐さん

2018121219.jpg
蓮池隼稀さん 寺田誠司さん

2018121220.jpg
菊池虎太郎さん

最後を飾るグランプリ二人の演奏はより一層華やかで、素晴らしく、大人顔負けの演奏でした。この年齢でこの曲を見事に弾きこなすことが出来る毎日の生活を、そっと覗いてみたい気がします。

2018121221.jpg
佐藤利音さん

渡部勇一さんはルーマニア人から習ってきたというルーマニア語での挨拶をバルトーク(ルーマニアの作曲家とルーマニア人は言います。ルーマニア統合100周年の記念すべき年に飾る最後の曲としてとても相応しい選曲でした。バルトークが生まれた時は、その場所はルーマニアの領土だったのですから)の演奏前に披露、拍手喝采でした。ルーマニア語の発音も素晴らしく、語学と演奏は同じ能力と言われるのも分かる気がします。

2018121222.jpg
渡部勇一さん

2018121223.jpg

演奏終了後は、大使よりルーマニアでクリスマスに必ず食べるコゾナックが振る舞われました。演奏を終え満足感溢れる子どもたちは、ルーマニア大使館という異空間でルーマニアに触れる素晴らしい時間を過ごせたことでしょう!

2018121209.jpg

2018121224.jpg

2018121225.jpg

2018121226.jpg

感動してくださったお客様が当協会にご入会くださったのも、協会の事業が認められた、とても嬉しい出来事でした。

2018121206.jpg

2018121210.jpg

Photographer 宮高 奈美


( 2018/12/12 20:15 ) Category コンサート | TB(0) | CM(0)

ルーマニア建国記念日 

12月1日はルーマニアの建国記念日です。ルーマニアの首都ブカレストでは一斉にクリスマスのイルミネーションが点灯され、建国記念日をお祝いします。
日本では11月29日にホテルオークラ東京にてお祝いのパーティが開かれました。

2018120900.jpg 

今年も大勢の方がお祝いに駆け付けましたが、東京オリンピック・パラリンピックに向けてルーマニアからオリンピック委員会の方も出席されていました。

2018120920.jpg

今回のナショナルデーにて特記すべきことが二点ありました!
まず一点目は、ルーマニア大使館タティアナ特命全権大使より、今年のレセプションオープニングの国歌演奏(日本・ルーマニア両国)を当協会に依頼されたことです。ピアノ独奏が好ましいと言われ、ロー磨秀さん(第8回ルーマニア国際音楽コンクールグランプリ)に演奏して頂きました。

2018120901.jpg
国歌演奏中のロー磨秀さん

2018120902.jpg

式典に相応しく、厳かな雰囲気の中での国歌演奏は素晴らしく、演奏後にはルーマニアテレビ局の取材を受けていました。

47090569_10216518625625482_6257073695873826816_n.jpg 

47398149_10216518626105494_5397331190082437120_n.jpg

レセプションは、ルーマニアの国歌、日本の国歌演奏の後、タティアナ大使のご挨拶で始まりました。

2018120903.jpg

2018120904.jpg

2018120907.jpg
タティアナ大使と

2018120908.jpg
お会いしたかった山田養蜂場山田英夫社長と

2018120909.jpg
演奏を終えたロー磨秀さんを囲んで

2018120910.jpg

2018120911.jpg
歴代ルーマニアオリンピック・パラリンピック選手

2018120912.jpg

2018120913.jpg

2018120914.jpg
このアリナさんが日本の柔ちゃんを負かして金メダルを取りました

そして二点目は、ルーマニアといえば多くの皆さんが思い浮かべる "コマネチ" そのナディア・コマネチさんがアメリカからこの日の為に来日いたしました。登場した際は会場全体が沸き上がり、日本でのコマネチさんの人気がいかにすごいものかが窺い知れます。

2018120915.jpg
コマネチ10点満点

2018120919.jpg
ナディア・コマネチさん

2018120918.jpg
左からうかい雅彦港区議、逢沢一郎衆議院議員、協会理事前川様、嶋田、コマネチ氏、オリンピック・パラリンピック委員長

2018120905.jpg
関芳弘衆議院議員とロー磨秀さん

2018120906.jpg

2018120916.jpg

2018120917.jpg

いつもより楽しい出来事がたくさんあったナショナルデーを皆さまと共にお祝いすることができました。


( 2018/12/09 22:37 ) Category イベント | TB(0) | CM(0)

ルーマニア大使館にグランドピアノを寄贈いたしました 

NPO法人日本ルーマニア音楽協会は、2018年ルーマニア統合100周年の記念の年に、ルーマニア大使館にグランドピアノ(カワイGX-2)を寄贈いたしました。

181123_174.jpg

181123_170.jpg

今年の春から始まったプロジェクトは、長い月日を要しましたが、11月16日にルーマニア大使館にグランドピアノが搬入され、11月23日19時からルーマニア大使館にて、無事お披露目コンサートが開かれ、目的を達成することができました。

2017040315.jpg 
カワイ音楽振興会専務理事 日下昌和氏と
寄贈するグランドピアノの選定に伺った河合楽器製作所 竜洋工場にて

201704038.jpg

2017040312.jpg
試弾後こちらのグランドピアノに決定しました
河合楽器製作所 山本有宗調律師と

寄贈に関しての本国との交渉は想像以上に大変な作業で、何度も書類のやりとりが行なわれ、その都度大使館に出向き、協会や嶋田の経歴までチェックされる行程を経て、無事に許可がおりた時は安堵いたしました。

20181214.jpg
手続きの一環でタティアナ大使と共に公証役場へ

201812011.jpg 
11月16日 ルーマニア大使館にグランドピアノ搬入

201812013.jpg

201812012.jpg


11月23日に開催したお披露目コンサートは、タティアナ大使からの感謝のご挨拶から始まり、グランドピアノ寄贈をサポートしてくださった大勢の皆さまに、大使よりお一人お一人にデュプロマをお渡しして感謝の気持ちをお伝えしました。

181123_033.jpg 

181123_051.jpg

181123_055.jpg

コンサートは、ピアニストの加々見茉耶さんに、ルーマニアの有名な作曲家たちを中心にプログラムを組んで演奏して頂きました。新しいピアノの魅力を余すことなく引き出してくださり、演奏後は皆さまに素晴らしいピアノの音色に感嘆のお言葉を頂きました。

181123_130.jpg
加々見茉耶さん

演奏曲
・G.エネスク:組曲 第2番 ニ長調 Op.10-3 パヴァーヌ
(Enescu, George:Suita Nr.2 D-dur Op.10-3 Pavane)

・F.ショパン:バラード 第1番 ト短調 作品23
(F.Chopin:BalladeNo.1 G minor,Op.23 )

・G.ガーシュウィン:3つのプレリュード
(G.Gershwin:3 Preludes)

・B.バルトーク:ルーマニア民族舞曲Sz.56
(Bartók, Béla:Romanian Folk Dances, Sz.56 )

181123_103.jpg

181123_118.jpg

181123_175.jpg
コンサート後にグランドピアノを囲んで写真撮影

181123_151.jpg

サポートしてくださった皆さま、演奏してくださった加々見茉耶さん、来場者の皆さま、そしてお披露目コンサートまで温かく見守ってくださった日下昌和専務を始めとする株式会社河合楽器製作所の皆さまに、心より御礼申し上げます。

181123_171.jpg







( 2018/12/02 22:01 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)