FC2ブログ

日本ルーマニア音楽協会からの情報やメッセージ、音楽やルーマニアに関する楽しい知識などをお届けします。

懐かしい友人とのひととき 

第8回ルーマニア国際音楽コンクール審査員を勤めてくれたマリジャン・マイアンタル先生が休暇で家族と来日し、短い時間でしたがお会いすることができました!

2019042102.jpg
マリジャン・マイアンタル先生と長男テオドールと次男ボクダン

2019042101.jpg 

マリジャンはルーマニア国立ラジオオーケストラ(ルーマニアの二大オーケストラの一つ、もう一方はジョルジェ・エネスクオーケストラです)のヴィオラ奏者で、ルーマニアに行く度にラジオオーケストラのコンサートに誘って頂いています。

11208983_694715387321782_233264266_n_201904210933125f0.jpg 

11198414_694719660654688_1528838953_n_20190421093314db5.jpg

満席で大変な賑わいでした。

11208766_694720280654626_48069443_ns_20190421093315bfa.jpg


2019042106.jpg
Mr. シミナ・テオドール

ご主人はルーマニア総務省勤務で駐日ルーマニア大使館にも勤務されていました。日本でマリジャンと結婚式を挙げたのですが、ルーマニアの婚姻届けを提出する場所が日本にないため、駐日ルーマニア大使が代わりに誓いの承認になるという儀式がルーマニア大使館で行われました。それがマリジャンとの初めての出会いでした。初めての出産祝いに赤十字病院に駆けつけたことなど、数々の思い出が蘇りました。

2019042105.jpg

日本で誕生した長男テオドールも8歳です。今彼らはベルギー駐在ですので、学校はフランス語、家ではルーマニア語を話すカッコいい男の子に成長していました。次男ボクダンはシャイで可愛い男の子。

2019042107.jpg
ルーマニアのお土産  自家製リキュール

最後にルーマニア大使館にご挨拶に行きました。

2019042103.jpg
ルーマニア大使館の桜の木の下で

桜が舞う中で楽しい時間を過ごしました。


スポンサーサイト



( 2019/04/19 16:34 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

ルーマニア国際音楽コンクール受賞者 小林寿和子さんリサイタルへ 

第5回ルーマニア国際音楽コンクール声楽部門特別賞を受賞した小林寿和子さんが、受賞を励みにその後10年間研鑽を積み、この度初のリサイタルを開催いたしました。

52434202_2388133277924316_2353264206985297920_n.jpg 

52678091_2388133304590980_3987260840888762368_n.jpg

ルーマニア国際音楽コンクールは、15年の歩みの中で世界に飛び立つ何人もの優秀なアーティストを生み出してまいりました。その活躍のお陰で、若手アーティストの登竜門として知名度が高まっているコンクールです。その一方、年齢制限のないことから多くの経験を積んだ方々も毎年受けてくださっています。彼らの音楽人生にはそれぞれの物語があり、審査をしていて感動を覚えることがたくさんあります。

2019041601.jpg 
小林寿和子さん

2019041610.jpg 
会場の横浜みなとみらいホール

2019041606.jpg
大型のパイプオルガンを設置した大ホール


小林寿和子さんもそのお一人で、63歳でコンクールに挑戦し、そこで受賞したことが更に励みにとなり、御歳73歳になって初リサイタルを開くことになりました。

2019041604.jpg
みなとみらい小ホール

2019041605.png

2019041603.jpg

みなとみらい小ホール満員のお客様から拍手喝采を浴びるその姿に感動をもらいました。いらしていたお客様も勇気や希望をもらい、会場いっぱいの温かな空気に幸せを感じていらしたことでしょう!
とても素敵なひと時でした。

2019041602.jpg






( 2019/04/16 21:28 ) Category コンサート | TB(0) | CM(0)

イタリア大使館へ 

先日、イタリア大使館でEUジャパンフェスト主催、初のパスポートプログラムのプレゼンがありました。

2019041402.jpg
イタリア大使館入口


2月に開催されたEUジャパンフェスト主催のEU文化都市のイベントに初参加し、EU加盟の国々と日本人の多くのアーティストたちが文化交流をしていることを知りました。
参加したことにより、協会の今後の活動に幅が広がったと喜んでおりましたところ、EUジャパンフェストの新たな取り組みとして、パスポートプログラムが開催されることになりました。

2019041403.jpg

パスポートプログラム最初の都市はイタリアのマテーラ(Matera)という世界遺産の洞窟住居の都市です。

マテーラ はイタリア共和国バジリカータ州にある都市で、その周辺地域を含む人口約6万人の基礎自治体、マテーラ県の県都です。

20190409.jpg 
マテーラの新市街

2019041405.jpg 
マテーラの旧市街 

旧市街地区は、石灰質の岩肌に作られた「サッシ」と呼ばれる洞窟住居があることで有名です。

2019041406.jpg 
旧市街のサッシ(洞窟住居群)

この「マテーラの洞窟住居」は1993年にユネスコの世界遺産に登録されました。
そして今回、2019年の欧州文化首都に選ばれました。

2019041407.jpg
マテーラ大聖堂 


マテーラから急遽3人来日され、イタリア大使館でパスポートプログラムについてプレゼンがありました。

2019041401.jpg 

先日のEU文化都市での招待パフォーマンスとは一味違って、今年マテーラに招待されたら、次年は日本に招待する、人と人を繋ぎ、長く交流を続けて欲しい。というものでした。
さあ、これからどんな展開が待っているのか?楽しみです!


( 2019/04/14 11:28 ) Category イベント | TB(0) | CM(0)