FC2ブログ

日本ルーマニア音楽協会からの情報やメッセージ、音楽やルーマニアに関する楽しい知識などをお届けします。

『アテネ音楽堂』でのコンチェルトが実現しました 

2015年10月21日、10年間ルーマニア演奏旅行を続けてきたご褒美でしょうか!? とうとうルーマニアの首都ブカレストで最も美しい 『アテネ音楽堂』 でのコンチェルトが実現しました。


NT10_03.jpg


10511074_885537811517211_1641022952949483268_n.jpg


初めてルーマニアを訪れた2001年の5月、いつの日かここで演奏会をしたいと夢見ていた会場です。


あてね21


あてね1


てんじょう


あてね2


演奏会のお話は1年前から審査員で来日されていたミルチャ・ペネスク氏から打診を受けていたものの、今年第11回コンクール終了後に正式に招待のオファーを受けました。


bank116_20151024171420123.jpg
2014年ルーマニア演奏旅行・ルーマニア国立銀行コンサート終演後


2年連続で審査員をされ、このコンクールのレベルの高さを認めてくださったのだと思います。


ミル
ミルチャ・ペネスク氏 
2015年8月 第11回ルーマニア国際音楽コンクール



それからは、短期間でアーティストと曲目、リハーサル時間などミルチャ氏と協議し、篠山春菜さん(第8回ルーマニア国際音楽コンクール弦楽器部門第1位)が第1回目の招待者となりました。


11147121_1195476880468489_6964786761070465680_n.jpg
篠山春菜さん
モーツァルテウム音楽大学(ザルツブルグ)在学中


ミルチャ・ペネスク氏は、カロル・ダビラ病院の院長であり、腎臓の権威でもあります。また、医師で構成されるメディカルオーケストラのコンサートマスターです。

11695928_1632286293707247_8360966414345554896_n.jpg


前日にザルツブルクからルーマニア入りした篠山春菜さんは、20日に開催されたリハーサルとミニコンサートにも出演して、準備万端21日に臨みました。


りはさ1
リハーサル


仕事の都合で当日の朝にルーマニア入りした嶋田は、春菜さんと待ち合わせ、リハーサルに立ち会い本番を待ちます。


りはさ22


りはさ33


そして開場。


ほわいえ


これからホワイエには、大勢のお客様が入場してきます。


ほわい4


ほわいえ3


ほわいえ2


このコンサートは医師たちによるオーケストラのため、医師会のトップのご挨拶がありました。


unnamed_20151024190250c21.jpg


今回のコンサートに招待された来賓のご紹介。


あてね67


カメラは上手と下手、計3台で撮影していました。


あてね65


あてね66


いよいよ本番です。


SAINT SAENS "Havanaise″
Solista – HARUNA SHINOYAMA (Japonia) Vioara

1113_20151024173255e8a.jpg


春菜さんが登場した時、目の前に夢のようなシーンが広がり、思わず全身が震えました。


1112.jpg


サン・サーンスの『ハバネラ』を感情豊かに演奏する春菜さんは、コンクールで1位を獲得した3年前に比べ、確実に成長していました。


1111_2015102417325268e.jpg
ミルチャ・ペネスク氏と握手を交わす春菜さん


客席はスタンディングオベーションで素晴らしい演奏を称えていました。


スタンディングオーベーション


この大きな舞台で、緊張の中 本当に素晴らしい演奏をしてくださいました。
同じ日本人として、とても誇らしく思った瞬間でした。


れせぷ2


終演後のレセプションもたくさんの方々で賑い、皆さまに声をかけられ、写真を撮られ、握手を求められ、いつもながらルーマニア人の明るさはアーティストたちを最高の気分にさせてくれます。


れせぷ3


れせぷ1
ピアニストの奥様とお嬢様 


れせぷ4


れせぷ
春菜さんを囲んで、指揮者、高木氏、ミルチャ・ペネスク氏・ナポレオン・ポップ夫妻・嶋田


れせぷ6


れせぷ7


れせぷ8


れせぷ9


このコンサートの経験が、篠山春菜さんのこれからの成長に必ず生きてくることと思います。
今後が益々楽しみなアーティストの一人です。


終演後





関連記事
スポンサーサイト



( 2015/10/24 17:28 ) Category コンサート | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する