日本ルーマニア音楽協会からの情報やメッセージ、音楽やルーマニアに関する楽しい知識などをお届けします。

『第12回ルーマニア国際音楽コンクール』 表彰式 

『第12回ルーマニア国際音楽コンクール』は、8月30日に無事終了致しました。
第10回、11回と、グランプリ受賞者が出ておらず、今年こそはグランプリに相応しいアーティストの出現を待ち望んでおりました。
今回のコンクールのレベルは非常に高く、皆さんグランプリに相応する、技術、人柄共に持ち合わせた方々でした。


表彰式
Ⓒ宮高奈美


その中でも圧巻のパフォーマンスでグランプリに輝いたのは、ルーマニアが輩出した世界に誇る作曲家、ジョルジェ・エネスクのヴァイオリンソナタ3番を演奏した、弦楽器部門第1位の對馬佳祐さんでした。


tsuhima1_20160911133728847.jpg
Ⓒ宮高奈美
對馬佳祐さん
【グランプリ】 受賞
【ルーマニア大使館賞】 受賞
【弦楽器部門第1位】 受賞


tsushima_20160911133729bfc.jpg
Ⓒ宮高奈美
キム・ジャンミッシェルさん(伴奏)
【假屋崎省吾賞】 受賞




過去にエネスク作品を演奏された参加者は何名もおりましたが、グランプリ受賞まではいかず、その都度残念に思っていました。


tsushima3_201609111339404a7.jpg
Ⓒ宮高奈美


tsushima4_20160911133939fdc.jpg
Ⓒ宮高奈美
ルーマニア大使館・フザ一等書記官と


彼らの演奏は、留学先のパリ高等音楽院でルーマニア人教授から直接エネスク作品の真髄を伝授された師から更に引き継がれたものだと、表彰式の後にお聞きしました。
納得です!
【假屋崎省吾賞】を受賞したピアニストの暗譜演奏にも脱帽です!

これからの活躍に大きな期待が持てる、素晴らしいグランプリの誕生です。








関連記事
スポンサーサイト
( 2016/09/05 11:24 ) Category コンクール | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する