日本ルーマニア音楽協会からの情報やメッセージ、音楽やルーマニアに関する楽しい知識などをお届けします。

ザルツブルク・ウィーン取材旅行♬ vol.3 

4月8日から開催されているイースター音楽祭も今日が最高潮!

朝はザルツブルク全ての教会でミサが執り行われます。

イースターは毎年春分の日から一番近い満月の日なので、今年は4月16日にあたります。


201704178.png 


ミサに参加するため、ホテルを出て大聖堂に向かいます。

今日は雨のため、川の水も多くなっています。

美しい川なのにすぐ氾濫するそうです。

201704171.png

大聖堂


モーツァルトが洗礼を受け、のちにオルガン奏者も務めた大聖堂の10時のミサに参列しました。

カラヤンの葬儀もここで行われたそうです。


201704173.png


大聖堂に一歩入ると、荘厳で素晴らしい雰囲気に思わず息をのみました。言葉では表せないほどの素晴らしさです。


2-17041817.jpg 


2階にはフルオーケストラと歌い手がスタンバイし、更に厳かにミサが執り行われていきます。


2017041711.png 

祭壇の後方(右手:オーケストラ、 左手:歌い手)


201704176.png


聖水を指につけ、十字を切ります。


201704174.png

聖水


201704175.png

聖水盤(洗礼盤とも言います)


2017041712.png 

モーツァルトが洗礼を受けた洗礼盤


2017041713.png



道すがらの教会では、のミサ曲が流れていました。

教会前の看板には、4月16日 10:15からモーツァルトミサ曲と表記されています。


2017041718.png 


2017041714.png

ザンクト・ペーター教会


2017041715.png


2017041717.png


2017041716.png 


モーツァルトの洗礼盤も残る大聖堂に歴史を感じつつ、次に予定されているコンサートに向かいました。






関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する