日本ルーマニア音楽協会からの情報やメッセージ、音楽やルーマニアに関する楽しい知識などをお届けします。

ICon Arts Summer seminar Vol.6 

目的地である、マラムレシュの木造聖堂群に到着しました。

2017072937.jpg

教会は小高い丘の中腹にひっそりと佇んでいます。
時の流れが止まり、小さな出来事に左右される日本での生活が嘘のようです。

2017072938.jpg

2017072939.jpg

マラムレシュの木造聖堂群を見学した後は、次の目的地を目指して出発です!


その前に、お腹も空いてきたのでシゲット・マルマッツィエイ町で、ちょっと一休み。そこでルーマニア人一家と意気投合。彼らもヴァケーションでブカレストの南にある町から遊びに来たようです。

2017072936.jpg

早速恒例の写真撮影とfacebook友達申請が始まりました。上床さんも例年のルーマニア演奏旅行参加者たちに劣らず、帰国するまでの間に何人のルーマニア人と友達になるのでしょうか?

2017072935.jpg 


食事を終え、お土産やさんが並ぶ道を覗きながら歩くと、何とここは嶋田が訪れたかったルーマニア・マラムレシュ地方にあるサプンツァ村、世界一の「陽気なお墓」の直ぐ近くだったことが判明!ここのお墓は、それぞれ木製の墓標に青が基調のカラフルな図柄で、故人の生前の生活や死因が彫られている楽しく明るいお墓なのです。

2017073017.jpg

201707304.jpg

201707303.jpg
チケット売場

チケットを買っていると、「こんにちは」と日本語が聞こえてきます。ルーマニアの、ましては北の果てで私たち以外に日本語を話す人がいる?と振り向いた先に爽やかな日本人男性が立っていました。

201707301.jpg

お互いにびっくりしながら、ここで会えた必然を感ぜずにはいられません。一人海外を旅する医師の方でした。

201707302.jpg



201707307.jpg

2017073010.jpg

2017073011.jpg

2017073012.jpg

2017073013.jpg

2017073016.jpg

2017073015.jpg
教会

2017073014.jpg

201707308.jpg

201707305.jpg
教会の鐘

ゆっくりお墓を巡った後、次の目的地を目指して出発です!




関連記事
スポンサーサイト
( 2017/07/30 12:02 ) Category Summer seminar | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する