日本ルーマニア音楽協会からの情報やメッセージ、音楽やルーマニアに関する楽しい知識などをお届けします。

ジョルジュ・エネスク国際シンポジウム / 原麻里亜 

ルーマニア国際音楽コンクールでグランプリを受賞してから、機会のあるごとにジョルジュ・エネスクの作品をパリやルーマニア、そして日本で演奏し、熱心に研究されている原 麻里亜さんが、「ジョルジュ・エネスク国際シンポジウム」にパネリストとして参加されました。
パリ高等音楽院大学院修士課程の修士論文でもエネスクを選んでくれた原さん。論文の最後には、“エネスクの作品をもっと世界中の人に知ってもらい、演奏されることを願う”と綴られていました。
コンクールを受けたことから、このようにエネスクの音楽が、そしてルーマニアの文化が世界に広がってゆくことは、協会としての喜びでもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月4,5日、ブカレストで開催された、ジョルジュ・エネスク国際シンポジウムにパネリストとして参加しました。私の発表テーマは、エネスクの「カプリス・ルーマン~演奏家の見解」。カプリス・ルーマン(ルーマニア奇想曲)は、パリ国立高等音楽院第3課程の研究プロジェクトとして2016年2月にパリ音楽院卒業生によるオーケストラ(L'OLC)と録音した、ヴァイオリンとオーケストラのための作品です。

201710155.jpg

201710151.jpg

201710152.jpg

シンポジウムのコーディネーターを務められた、ルーマニアの音楽学者でありブカレスト国立音楽大学教授のミハイ・コスマ氏はこの録音プロジェクトを評価して下さり、このカプリス・ルーマンのCDは、ルーマニア国外で唯一の録音だと言われました。シンポジウムで発表した多くの音楽学者もこのプロジェクトの成功を褒め称えて下さいました。パリ国立高等音楽院は偉業を成し遂げたと思います。初録音にソリストとして参加できた事は、この上ない喜びです。

201710153.jpg

また、カプリス・ルーマンのオーケストレーションを完成させた、ルーマニアの作曲家、コロネル・タラヌ氏とお話しする機会を得ました。彼は、自筆譜の状態、曲のスタイル、エネスクの作品における精神性など多くを教えて下さいました。幸運にも彼はフランス語が堪能でした。実はタラヌ氏はパリに留学されており、コンセルヴァトワールでメシアンのクラスだったそうです!

201710154.jpg

教養ある音楽学者の方々と勤勉な日々を過ごせました。彼らの発表はどれも興味深く、また何人かのルーマニアの音楽学者が私に、これからエネスクの研究を広げて行くためのアドヴァイスも下さいました。今回のシンポジウムは私の人生で素晴らしい経験となりました。

原 麻里亜

Symposium international de Georges Enesco
"Caprice roumain", mon album étant le premier enregistrement hors de la Roumanie !

Deux jours inoubliables au Symposium international de Georges Enesco qui avait lieu les 3 et 4 septembre à Bucarest. J'ai présenté sur son Caprice roumain pour violon et orchestre que j'ai enregistré en février 2016 sous la direction de Philippe Aïche avec L'Orchestre des Lauréats du Conservatoire lors de mon DAI au CNSMDP. J'ai parlé de ma vision en tant que violoniste en montrant quelques extraits avec mon disque et mon violon.

Le coordinateur du symposium M. Mihai Cosma qui est musicologue roumain et aussi professeur de musicologie de l'Université nationale de musique de Bucarest a apprécié mon projet d'enregistrement du Caprice roumain. Il nous a dit que mon album était le premier et un seul enregistrement à l'étranger (hors de la Roumanie). Tous les musicologues qui ont présenté au symposium m'ont félicité cette réussite du projet au CNSM. Je pense que le CNSM a réussit l'exploit. Je suis ravie d'avoir été soliste de ce premier enregistrement !!!!

Ainsi, au symposium j'ai eu l'occasion de discuter avec M. Cornel Taranu compositeur roumain qui a complété l'orchestration du Caprice roumain. Il m'a appris beaucoup de choses, l'état du manuscrit, le style, l'esprit roumain chez Enesco... Heureusement il parle très bien français, il a étudié en effet au CNSM dans la classe de Messiaen !

J'ai passé deux jours assez studieux avec les musicologues cultivés. Leurs présentations étaient très intéressantes, certains musicologues roumains m'ont donné des conseils pour que j'étende mes recherches sur Enesco. Ce symposium était une expérience très prestigieuse dans ma vie.

Maria Hara



関連記事
スポンサーサイト
( 2017/10/14 15:36 ) Category ルーマニア | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する