FC2ブログ

日本ルーマニア音楽協会からの情報やメッセージ、音楽やルーマニアに関する楽しい知識などをお届けします。

「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」へ 

ゴールデンウィークは皆様いかがお過ごしでしたか?風の強い日もありましたが、天候にも恵まれ、それぞれの休暇を楽しまれたことと存じます。
音楽好きの会員の皆様からは、あちこちでの音楽祭やコンサートを聴きに行っています!とご連絡を頂いておりました。

2018050914.png 

協会もラ・フォル・ジュルネのコンサートにご招待頂き、ルーマニア、クルージュの国立オーケストラ、クルージュ・トランシルヴァニア・フィルハーモニーオーケストラの公演を聴いてきました。

201805083.jpg 

3日間の公演プログラムガイドはこちらよりご覧いただけます。

201805086.jpg

2018050811.jpg

201805089.jpg

201805087.jpg

201805082.jpg

ルーマニアのオーケストラを日本で聴いたのは、2005年愛知万博に招聘されて来日した、ルーマニアナショナルラジオオーケストラ(首都ブカレストのオーケストラ)以来でした!

201805081.jpg

曲目は、ドボルザークの交響曲第9番 ホ短調 作品95『新世界より』でした。イングリッシュホルンによる主部の主題は非常に有名であり、第4楽章で全曲を通じてただ1度だけのシンバルが打たれる時を逃すまいと、演奏以外にも楽しみながらあっという間の45分でした!

2018050810.jpg
クルージュトランシルバニアフィルハーモニーオーケストラのメンバーと


実はこのコンサートは、16:45開始ホールAだったのですが、その前にホールCで15:30開始のバーバラ・ヘンドリックス氏のジャズコンサートもご招待頂き、終演が16:30。急いでホールAに移動!続けて2公演を聴く。というラ・フォル・ジュルネならではの意気込みを堪能させて頂きました!

201805084.jpg

最後にはガラス館7階に特設されたスポンサーカフェで夜景を見ながら、スポンサードリンクとお菓子を頂き、素敵な一日を過ごすことが出来ました。

2018050812.jpg










関連記事
スポンサーサイト
( 2018/05/08 16:36 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する