FC2ブログ

日本ルーマニア音楽協会からの情報やメッセージ、音楽やルーマニアに関する楽しい知識などをお届けします。

ICon Arts Transilvania Summer seminar vol.10 

昨日の弦楽四重奏Blanc Quartettoのリサイタルに、日本から来れなかったヴィオラ奏者の代わりに演奏してくださったセンズ先生は、今日から弦楽器の生徒さんたちのレッスンに戻ります。彼女たちの先生は、チェロのAdrian Mantu (アドリアン・マントゥ)先生に代わり、レッスンは、リキシュの学校で行われます。昨年、マリンバ奏者の上床直人さんが毎日練習場にしていた場所です。夜遅くまで、ずっとマリンバの音がしていました。

Summerseminar16.jpg
Adrian Mantu先生

Summerseminar15.jpg

アドリアン先生は明るく人懐っこい先生です。レッスン前には、一人で話し、一人で答え、一人で笑い!アーティストたちの気持ちをリラックスさせてくれていました。

Summerseminar12.jpg

Summerseminar17.jpg

Summerseminar18.jpg

Summerseminar19.jpg

レッスンが始まるとまず最初に、コンサート会場によって演奏の方法を変えなければならないこと、作曲者の年代によって弓の使い方を変えなければいけないこと、楽器の構え方、演奏する時の姿勢など、大きな捉え方をお話ししてくださっていました。

Summerseminar14.jpg

Summerseminar13.jpg

その後、技術の指導でしたが、アドリアン先生はチェロの先生なので、特に、舘野さん(チェロ)に細かく教えてくださっていました。

Summerseminar10.jpg 

Summerseminar11.jpg


レッスンの後は待望のシビウ観光へ行ってまいります!




関連記事
スポンサーサイト
( 2018/08/09 16:55 ) Category ICon Arts Transilvania - Summer seminar | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する