FC2ブログ

日本ルーマニア音楽協会からの情報やメッセージ、音楽やルーマニアに関する楽しい知識などをお届けします。

第14回ルーマニア国際音楽コンクール入賞者披露演奏会 

5月16日(木)19時より東京文化会館小ホールにて「第14回ルーマニア国際音楽コンクール入賞者披露演奏会」が開催されました。

2019021701_201905201950185d0.png

2019052013.jpg

2019052014.jpg

今回も多くの温かなお客様の拍手で、アーティストとして新たな第一歩を踏み出すことでしょう。

2019052011.jpg

ルーマニア大使館タティアナ・ヨシペル特命全権大使をお迎えし開催された「第14回ルーマニア国際音楽コンクール入賞者披露演奏会」はタティアナ大使のご挨拶で始まりました。大使はご挨拶で、ルーマニアが音楽大国であること、そしてルーマニア国際音楽コンクールに対して愛情と力強いサポートをしていることをお話頂けました。

2019052012.jpg
ルーマニア大使館タティアナ・ヨシペル特命全権大使


今回の演奏会は、ルーマニアの民族楽器パンフルートの演奏から始まりました。初めてパンフルートの音を聴かれた方も多かったと思いますが、東京文化会館の小ホールは素晴らしい響きを会場の皆様にお届けしていました。

201905201.jpg
パンフルート 櫻岡史子さん
<オーディエンス賞>


2番目に登場したのはソプラノの金丸梢さん!多くのコンサートをこなしている彼女の歌声に聴き惚れた方も多いことでしょう。

201905202.jpg
ソプラノ 金丸梢さん
<声楽部門 第2位>


次は今井梨緒さんのラヴェルでした。初々しい中でも磨かれたテクニックの上に、ラヴェルの音色を聴かせてくれました。

201905203.jpg
ピアノ 今井梨緒さん
<ピアノ部門 第1位>
<日本ルーマニア音楽協会理事会賞>


休憩を挟んでスイス留学から一時帰国をして出演してくれた、クラリネットの兒嶋賀奈子さん。あんなに素晴らしいクラリネットの演奏を聴いたことがない!とお客様から感動の声も頂きました。

201905204.jpg
クラリネット 兒嶋 賀奈子さん
<管楽器部門 第1位>
<ICon Arts Transilvania賞>


最後はアメリカから来日してくれたシルバナ・チュさんのメゾ・ソプラノの歌声でした。素晴らしい歌声や演技はもちろんですが、最後の曲に「見上げてごらん夜空の星を」をプログラミングした彼女の日本に対する愛情、畏敬の念を感じとても嬉しく思いました。

201905205.jpg
メゾ・ソプラノ シルバナ・チュさん
<声楽部門 第1位>
<日本橋真宗会堂維持財団賞>

201905206.jpg

皆さまからは、「こんなに感動したコンサートは久しぶりです!」「このコンクールのレベルの高さを改めて感じました!」と嬉しいお言葉を頂いております。今後は更にこの入賞者披露演奏会に多くの方々に聴きに来て頂けるように広めて行きたいと切に願っております。

201905208.jpg

2019052010.jpg

201905207.jpg

今年の「第15回ルーマニア国際音楽コンクール」はルーマニアの新進気鋭の作曲家による曲(ピアノ、声楽、ヴァイオリン、チェロ、フルート、マリンバ)が課題曲となりました。ルーマニアをより深く知って頂けるコンクールとなることでしょう!

2019052015.jpg

「第15回ルーマニア国際音楽コンクール」にも是非足を運んで、次なるスターをみなさまと一緒に見つけて行きたいと思います!


Photographer 宮高 奈美


関連記事
スポンサーサイト



( 2019/05/20 19:38 ) Category コンサート | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する