日本ルーマニア音楽協会からの情報やメッセージ、音楽やルーマニアに関する楽しい知識などをお届けします。

【第13回ルーマニア国際音楽コンクール】開催のお知らせ 

"The 13th Romanian international music competition"
【第13回ルーマニア国際音楽コンクール】開催のお知らせ
詳細は下記よりご確認ください。
http://rms-competition.jp/entry.html


13thromania mc 


2017romania mc


ルーマニア国際音楽コンクール実行委員会
Tel:03-6450-1216
E-mail:info@r-ms.org

( 2017/05/14 17:48 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

『サマーセミナー』『第1回ルーマニア国際音楽コンクール in Sibiu』 

~音楽の国 ルーマニアで世界の仲間達と学ぶ~
ICon Arts Transylvania,2017 Academy,Festival & Contest


18268448_1400666360004351_8001840232106601316_n.jpg 


18341789_1400666573337663_1436302582143080858_n.jpg


日本とルーマニア修交100周年を記念し、今年7月 当協会のルーマニア現地パートナーである ICon Artsと共催にて『サマーセミナー』そして『第1回ルーマニア国際音楽コンクール in Sibiu』を開催いたします。
このサマーセミナーは、ルーマニアのトランシルヴァニア地方で毎年開催され、今年で15回目を迎えます。毎年、イタリア、ドイツ、フランス、オランダ、スイス、アメリカなど世界各国から参加者が集います。

2005年、ルーマニアが世界に誇る作曲家でありヴァイオリニストのジョルジェ・エネスクの没後50年を記念し、東京都港区から始まった『ルーマニア国際音楽コンクール』が、ついに12年という年月を経て、ルーマニアでのセミナー、そしてコンクールに進出します!



( 2017/05/12 11:36 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

『大使、大使夫人による10ヵ国のガーデニング in Okura』へ 

5月2日(火)から本日6日(土)まで開催されていた、ホテルオークラ東京『大使、大使夫人による10ヵ国のガーデニング in Okura』へ行ってまいりました。

無題 

201705061.jpg 
オークラ別館ロビー


今年初参加となる、タティアナ・ヨシペル ルーマニア大使より「是非いらしてください。」とご招待を受け、オープニングに伺ってまいりました。

201705062.jpg
嶋田、タティアナ大使、協会理事前川様
ルーマニアガーデニング前にて


テープカット (800x426) 

オープニングセレモニーには高円宮久子妃殿下がご臨席され、10ヶ国の大使、大使夫人たちと美しい幕開けとなりました。

201705064.jpg
コスタリカ共和国

201705063.jpg
コスタリカ共和国

201705065.jpg
タイ王国

201705066.jpg
南アフリカ共和国

201705067.jpg
トンガ王国

201705068.jpg
トンガ王国

201705069.jpg
バングラデシュ人民共和国

2017050610.jpg
クロアチア共和国


今年は、初参加のルーマニアを始め、コスタリカ共和国やタイ王国などのトロピカルな庭園など、見応えある各国の自慢のガーデニングでした。

2017050611.jpg
ルーマニア

2017050613.jpg
ルーマニア


2017050614.jpg
デンマーク王国

2017050615.jpg
デンマーク王国

2017050616.jpg

2017050617.jpg

地下2階のアスコットホールでは、ワールドマーケットが開催されており、日本ではなかなか入手できない個性豊かなアイテムや、参加各国にちなんだおすすめの商品が販売されていました。

2017050618.jpg

shop.png

2017050619.jpg

2017050620.jpg

2017050621.jpg


ルーマニアからの出品は、ワイン、AQUA Carpatica(ミネラルウォーター)、アカシア有機蜂蜜でした。

2017050622.jpg


18222250_813566592128442_1712081460221383528_n.jpg


そして、各国の文化に触れるワークショップ も同時開催されました。
参加国のさまざまな文化に触れことのできる講座を含んだ全13種類、29ワークショップ。
ガーデニング展と併せて楽しむことができる内容でした。

ワークショップ 

egg.png 



( 2017/05/06 19:20 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

大使就任パーティー 

ルーマニア大使館にて、タティアナ・ヨシペル大使の赴任を歓迎して協会の会員様とともに、パーティーを開催いたしました。

市長来日1 

まず始めに関芳弘副環境大臣にご挨拶をいただきました。
コマネチとドラキュラが昔から大好きだったとおっしゃってくださる関芳弘副環境大臣は、大使のお力でますますルーマニアと日本の文化交流、経済交流が盛んになることを願っていると、そしてその協力は惜しまないと力強くご挨拶いただきました。

1R2A7454.jpg 
関芳弘副環境大臣

1R2A7471.jpg

続いて、港区議会うかい雅彦議長からは港区にあるルーマニア大使館と港区がもっと強いパイプで結ばれるようにと、ご挨拶をいただきました。

1R2A7462.jpg 
港区議会うかい雅彦議長

タティアナ大使は、ルーマニアの魅力をもっと伝えていきたいと、そして今年2017年が日本に初めて大使が赴任した記念すべき年であること、そして東京オリンピック、パラリンピックの2020年までの素晴らしい時に大使として日本に来られたことを喜び、大いに力を発揮したいと嬉しいお言葉をいただきました。

1R2A7573.jpg 
うかい議長、タティアナ大使、嶋田

1R2A7477.jpg

大使に皆様からのプレゼントをお渡しし、理事を代表して前川冨士子様の発声で乾杯、歓談となりました。

1R2A7494.jpg 
プレゼントの掛け軸

1R2A7496.jpg
下駄

1R2A7538.jpg
理事の前川冨士子様

1R2A7552.jpg

1R2A7554.jpg

1R2A7557.jpg

ルーマニア料理に、ユーロアジアトレーディング株式会社様に協賛頂いた、ルーマニアのスパークリングに白ワインに、大満足の様子でした。

1R2A7400.jpg 

1R2A7410.jpg

1R2A7521.jpg 

1R2A7578.jpg

コンクール受賞者による素晴らしい演奏も♪♬

1R2A7610.jpg
田原綾子さん(ヴィオラ)
『第9回ルーマニア国際音楽コンクール グランプリ』

1R2A7630.jpg


1R2A7648.jpg
鳥羽咲音さん(チェロ)
『赤坂ジュニア音楽コンクール グランプリ』

1R2A7705.jpg


1R2A7721.jpg 
川口晃祐さん・川口智輝さん(ピアノ連弾)
『第8回ルーマニア国際音楽コンクール ピアノ部門第2位』


1R2A7796.jpg
演奏後に大使を囲んで


ご来場いただきました皆様と記念撮影。

1R2A7854.jpg

1R2A7873.jpg

1R2A7801.jpg


明るくて、チャーミングなタティアナ大使に会員の皆様魅了され、ますます、ルーマニアが好きになった一日でした。




( 2017/04/30 15:39 ) Category イベント | TB(0) | CM(0)

ザルツブルク・ウィーン取材旅行♬ vol.13 

10時を知らせる教会の鐘が鳴り響きました。
今日は日曜日。 シュテファン寺院に行き、荘厳なミサに参列です。

2017042411.jpg 
尖塔が見えるステファン寺院に向かって

2017042412.jpg

いつ訪れても、この荘厳な雰囲気に身が引き締まります。

2017042413.jpg
右手には演奏者がスタンバイ

2017042415.jpg

先週がイースターのミサだったので、少し観光客は減っているのかもしれませんが、礼拝堂で祈りを捧げる人と、後ろには大勢の観光客。
入場料を払いさえすれば観光客がミサに参加出来る、ウィーンならではの光景でした。

2017042414.jpg


心が清らかになったところで、最後はウィーン自慢のカフェ巡り!

20170425.jpg 
Cafe FRAUENHUBAR

201704255.jpg
店内へ

201704252.jpg

とても落ち着いた雰囲気です。

201704251.jpg
メニュー

ウィーンで初めてレモネードを頼んでみました。

201704253.jpg

グーラシュというお料理を頼んだら、白いテーブルクロスがかかりました。

201704254.jpg
グラーシュ

スモールサイズをオーダーしたらビーフだけでしたが、普通サイズだと野菜もたっぷり入っています。


201704256.jpg 

Cafeを出てモーツァルトハウスへ。

201704257.jpg

ウィーンの旧市街ドームガッセ5番地にあるこの住居は、ウィーンでモーツァルトが住んだ建物のうち現存する唯一のものだそうです。

201704258.jpg


そして、音楽好きが必ず訪れる 楽譜専門店 "ムジークハウス・ドプリンガー"へ。
品揃えも豊富です♪♬♩♫

201704259.jpg 
Musikhaus Doblinger 


その後、パラチンケン(クレープ)を食べたり、ホットチョコレート、お腹もいっぱいになったところでタクシーに乗り空港へ。

2017042514.jpg 

30分ほどで到着です。

2017042513.jpg
ウィーン国際空港

2017042510.jpg
空港内のCafe

2017042512.jpg
フレッシュオレンジジュースで最後のリフレッシュ♪

2017042511.jpg 
イスタンブール経由で成田へ


2017041699.jpg 

2017041690.jpg

201704170000.jpg

11111.jpg

20170419999.jpg

2017041965.jpg 

2017042021.jpg

20170420000.jpg

18034156_1378858908851763_1889327215335449809_n.jpg


2017042223.jpg

20170423.jpg

201704240000.jpg


ザルツブルグ、ウィーンと音楽三昧の充実した日々を過ごすことができました。
この取材旅行でお世話になったすべての方へ、感謝の気持ちを込めて…




ザルツブルク・ウィーン取材旅行♬ vol.12 

「第10回国際ヒルデ・ツァデック 声楽コンクール」が終了し、あっという間に帰国日を迎えました。

18057970_10155400939514642_8190148919689665391_n.jpg 
コンクール予選時、Hilde Zadek先生とのショット

18118810_10155400939419642_1436444322463553634_n.jpg
コンクール本選時、友人の勝本さんと


とても居心地がよく、立地も最高だったホテルを後にしました。

2017042420_20170425204448140.jpg 
ウィーン滞在中のホテル

ホテルは一番有名なケルントナー通りと、このカプツィーナー教会のある広場両方に入り口があります。

2017042421_2017042520444827f.jpg
カプツィーナ教会

教会の地下は皇帝納骨所です。
ハプスブルク家の神聖ローマ帝国の皇帝・皇后(オーストリア皇帝・皇后も含む)や、その子孫らが埋葬されています。

2017042419_20170425203834344.jpg 

ホテル前の広場は馬車の発着所になっており、観光客に大人気です。

2017042422_2017042520465776b.jpg 
ケルントナー通りからのホテル


毎日、コンクール取材で観光もままならぬ1週間でしたので、最後の一日はゆっくりと市内観光でも! と思い、まずはDEMELでブレックファーストと気取り、次は~♪、と思ったところで... 

DEMEL.png 


なんと今日はマラソン大会だったのです!

201704246.jpg 
オペラ座の前のスタート地点

201704249.jpg
先導はかっこいい自転車でした!

201704248.jpg
バイクも日本と違ってかっこいいー

2017042410.jpg

市役所からリンク一周、主な幹線道路は通行止め。
行きたいところへも行けず。。。しかし、実はマラソン大好きな嶋田はオペラ座の前に陣取って応援です!

2017042418.jpg 

みなさん一生懸命です!

2017042419.jpg

沿道では大勢の人々が歓声をあげています。

2017042420.jpg

日本では沿道の人たちは旗を振っていますが、こちらでは手の形をしたよさこい踊りの鳴子のようなものを配られて、それを振って大きな音を出します。

2017042422.jpg

選手は、海外招待選手に一般市民も混じり大盛況!!
最終日のウィーンで、思わぬ出来事に遭遇しました♪

2017042421.jpg



ザルツブルク・ウィーン取材旅行♬ vol.11 

今回のオーストリア旅行の目的のひとつであった「第10回国際ヒルデ・ツァデック 声楽コンクール」の取材は、本日の本選にて全て終了いたしました。

2017042311.jpg 
本選のプログラムとチケット

4月17日~22日まで一日の中休みを挟み、48名の参加者が予選、二次審査と勝ち抜き、本日の6名が本選会に臨みました。

201704232.jpg
本選開始前の緊張漂うステージ

司会が一人づつ紹介し、一名につき3曲歌唱します。
自身が聴いていて素晴らしいと思う方には、やはりブラボーが響きます。
拍手やブラボーの多さに審査が左右されることはないでしょうが、聴衆の耳は確かなようです。
友人がこのコンクールの個人スポンサーを務めるため、私も貴重な一票の投票権を持つことが出来ました。
スポンサー賞と言うのでしょうか?
そして私が投票した方が1位となり、大感激です!!
コンクールの一端を担い参加することが、これほど緊張感が溢れ自分のことのようにドキドキするのか?と、協会のオーディエンス賞のあり方を考える良いチャンスとなりました。

201704234.jpg
結果が発表された瞬間

201704235.jpg

第1位を受賞したのは、アメリカ人のMonica Dewey(モニカ・デューイ)さんでした。
笑顔が輝いています♫

201704236.jpg
Monica Deweyさん(左)とご友人

Monica Deweyさんの伴奏ピアニストがたまたま日本の方だったため、本選終了後のパーティーで日本語で詳しく、インタビューすることが出来ました。(声楽のための月間誌「ハンナ」に掲載されますので、インタビュー記事は追ってお知らせします。)

201704239.jpg
ピアニストと

201704238.jpg
第2位のバリトンとピアニスト

2017042310.jpg
第3位とピアニスト

2017042313.jpg
本選終了後のパーティーのチケット

201704237.jpg

まずは大きな仕事が終わってホッとしています。
明日の夜は日本へ発ちます。
10日間の取材旅行が、あっという間に終了です。



ザルツブルク・ウィーン取材旅行♬ vol.10 

コンクールの二次予選が終了した日に、Hilde Zadek先生の昨年暮れに受賞した学術賞(前回受賞者はプラシド・ドミンゴです!)を記念した式典が大学のホールにて開催されました。

2017042214.jpg
この日を記念して作られたボールペン
"10. Internationaler Hilde Zadek Gesangswettbewerb 2017"と刻印されています。


201704221.jpg
式次第

当日は、コンクールが第10回目、また先生が100歳ということで、この記念すべき式典に多くの報道陣が駆けつけていました。

201704222.jpg
Zadek先生を囲むカメラ

201704227.jpg
ⓒFranz Johann Morgenbesser

2017042220.jpg
ⓒFranz Johann Morgenbesser

お祝いの言葉を貰うたびに自らマイクを取り、感謝の言葉をきちんと伝える。とても100歳とは思えない矍鑠としたお姿です。

201704226.jpg
ⓒFranz Johann Morgenbesser

お祝いの歌を聴いているときは、一緒に口ずさみ、手で指揮を振られていました。
ご自分の歌っている姿を思い出されているのか?長きに渡り教鞭をとっていらした名残なのか?
先生の周りだけがとても静かで、厳かな時間が流れ、それがホール全体に広がっていく感じでした。

2017042222.jpg
Ulrike Sych学長(右)

最後に大好きな薔薇の花束を貰いご機嫌のご様子でした。

2017042212.jpg

2017042213.jpg

201704228.jpg

2017042218.jpg

2017042217.jpg

2017042210.jpg

2017042211.jpg

2017042221.jpg
ⓒFranz Johann Morgenbesser

2017042216.jpg
嶋田の友人である勝本さんと

画像ではわかりにくいのですが外は吹雪です!!

201704225.jpg
会場からの風景

2017042215.jpg 
本選出場者

本選は土曜日です!



ザルツブルク・ウィーン取材旅行♬ vol.9 

コンクール予選が早めに終了したので、遅めのランチへ。
ところが、、お目当てのホテル・ザッハー(Hotel Sacher)は吹雪の中でも大行列!!

201704200018.jpg

あまりの寒さに並ぶ勇気はないので、、、ホテル・ザッハーの台所として知る人ぞ知る、カフェ・ザッハー(Cafe Sacher)へ!
それでも並びましたが、ここは地元の人が多いのです。

201704200015.jpg 
美しいシャンデリアがある店内


もちろんオーダーは、ウィーンシュニッツェル!!
黄色い包はレモンです。

201704200010.jpg


お食事をする人には、テーブルに真っ白なテーブルクロスをかけてくれます。
真っ白なナプキンに包まれたフォークとナイフ!
気取らないけど、伝統を守ったサービスです。


201704200011.jpg
ズッペ


20170420009.jpg
ホットチョコレート


そしてデザートはもちろんザッハトルテ!

201704200013.jpg

201704200012.jpg

ザッハトルテには、ザッハホテルの刻印が!
これこそブランドだと感心しました!
日本ルーマニア音楽協会も皆様とともに、ブランドになりたいと思います。

201704200017.jpg

201704200016.jpg
店内から見た外の風景






ザルツブルク・ウィーン取材旅行♬ vol.8 

Hilde Zadek先生は今年御年100歳の往年のオペラ歌手です。

そして先生の名前を冠したコンクールが10回目を迎えます。


220px-Hilde_Zadek.jpg 

Hilde Zadek先生


嶋田の友人が約40年程前にZadek先生からウィーンに来るように言われ、単独渡欧、ウィーンでレッスンを受けながら、国立オペラ劇場の舞台に立っていました。


20170420016.png


オペラ歌手としてのキャリアを積めたのはZadek先生のおかげと感謝している友人は、コンクール設立当初からこのコンクールを応援し、スポンサーとして携わっています。

何年も前から友人に誘われていたものの、なかなか休暇を取ることができず、今回念願叶ってというところです。


20170420015.png


コンクールは予選(2日)、二次予選(1日)があり、今週の土曜日が本選となります。


2017042001.png


会場へはホテルから徒歩で向かいます。


2017042004.png


2017042002.png

スタッツパーク


2017042003.png

地下鉄の駅(U4というラインです)


2017042007.png


コンクール会場の音楽大学に到着です。


2017042005.png


2017042008.png


2017042009.png

入口にはコンクールポスターが


20170420010.png


20170420011.png


2日目は吹雪のような寒い一日でしたが、男性5人を含む総勢48名が2日間に渡り競い合いました。

各国からの参加者がいる中、ルーマニア人の参加者がいないのが残念でした。


2017042006.png

予選のプログラム


20170420012.png

コンクール会場


日本人女性2人は二次に進むことが出来ず残念でした。

プロとして活躍されていると思われる方も数人参加されています。

舞台に登場するときからオーラを醸し出しているから不思議です。
舞台経験がいかに大事か思い知らされます。


20170420013.png

審査員席


20170420014.png



予選通過者が張り出され、嶋田の予想とパーフェクトに近く、このコンクールと嶋田が理想としているコンクールにズレがなく、はるばる日本から聴きにきた甲斐があると嬉しくなりました。



20170420017.png


予選終了後はウィーン散策です。


20170420019.png

スタッツパーク


20170420020.png


20170420018.png

ブルックナー像


20170420021.png

ヨハン・シュトラウス像


20170420001.jpg 

プラター公園


20170420002.jpg


20170420003.jpg

遊園地


20170420004.jpg



20170420005.jpg 

地下鉄にも乗車しています


20170420008.jpg


20170420007.jpg


20170420006.jpg


ウィーン散策を満喫し、ホテルに戻りました。